PR

WIRED WIRED

あのブロンプトンの折り畳み電動アシスト自転車には、抗いがたい魅力がある:製品レビュー

 コンパクトな折り畳み自転車のブランドとして有名な英国のブロンプトンが、電動アシスト自転車を発売した。そのコンパクトさを保ちながら電動モーターの機構を組み込んだ「Brompton Electric」は設計の巧みさが際立っているが、ややパワー不足の感もあり大柄な人には不向きな印象を受けた--。『WIRED』US版によるレビュー。

TEXT BY ADRIENNE SO

TRANSLATION BY GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY BROMPTON
PHOTOGRAPH BY BROMPTON

自転車にいくらか興味がある人なら、きっと「ブロンプトン(BROMPTON)」というブランドのことを知っているだろう。高級自転車を扱うショップのショーウィンドウの目立つ位置に、ぴかぴかの小さなタマゴのようにそっと置かれている様子を見たことがある人もいるかもしれない。

ブロンプトンの創業は1975年のロンドンにさかのぼる。それから約50年、同社は市場で最もコンパクトな折り畳み自転車の地位を保ってきた。形もほとんど同じままだ。

そんなブロンプトンが電動モーターへの対応を発表したのは、いまから10年ほど前のことである。最も重要だったことは、ブロンプトンの自転車の代名詞である折り畳んだときのコンパクトさを、モーターが邪魔しない点だった。そしていま、その約束を(それなりに)果たした折り畳み式の電動アシスト自転車「Brompton Electric」に、ようやく試乗するチャンスに恵まれたわけである。

この数週間というもの、深い矛盾を感じながらBrompton Electricで近所を走り回っている。この自転車があらゆる賞賛に値することは確かで、実際にこれまで見てきたなかで最も独創的な自転車のひとつだ。

しかし、その乗り心地はあまりよくない。モーターも、まあまあといったところだ。乗り心地の点では、Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)の最新モデル「Vektron S10」のほうが上だ。それでもBrompton Electricを実際に見てしまったら、その魅力に抗うことは相当に難しいだろう。

コンパクトで巧みな設計

Vektron S10のようにもとから小型の自転車と比べても、ブロンプトンはかなり小さい。重さは約30ポンド(約14kg。バッテリーを取りつけていない状態)で、折り畳んだときのサイズは高さが約22インチ(約56cm)、幅が23インチ(約58cm)、全長が11インチ(約28cm)になる。とても狭い部屋やクルマのトランクにも目立たずに収まるサイズだ。

そんな魔法のような折り畳みをブロンプトンは可能にしているのだが、そのせいで4~5日にわたって大きなストレスに悩まされることになった。約1週間にわたり、気づくと中途半端な形のブロンプトンを見つめているはめになったのだ。折り畳みの正しい手順を覚えるまで、畳んだり開いたりを何度も何度も繰り返さなければならなかったのである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ