PR

WIRED WIRED

「着る暖房」が、真冬の寒さをしのぐ“秘密道具”になる

 厳しい寒さをしのぐための装備として新たに注目されているのが、バッテリーで動作するヒーターを内蔵した「ヒーター服」だ。この“着る暖房”は、コロナ禍においてなるべく屋外に出るようにする人が増えている現状を反映してか、特に米国で販売が急増している。

TEXT BY KATE KNIBBS

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

IMAGE BY ORORO
IMAGE BY ORORO

寒いとそれだけで気が滅入る。ウインタースポーツの愛好家や北欧の住人たちが何を言おうと、寒いだけでうんざりしてしまうことに変わりはないのだ。特に新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のおかげで、人と屋外で会わざるをえない状況ではなおさらだろう。

1月初旬の週末、ニューヨークでは気温が氷点下ぎりぎりまで落ち込んだ。そんな天気のなか友人が遊びに来たので、凍えるような寒さにもかかわらず、わたしたちは6フィート(1.8m)の距離を保ちながら玄関先で数時間ほど立ち話した。吐く息が白いことと、客観的に考えれば気温が1.7℃しかないときは屋内にいたほうが賢明であるという事実は、無視するよう努めた。

そんな寒さでも外に立ち続けることができたのは、感染対策のせいで人との接触に飢えているという事実に加え、「ヒーター服」という秘密兵器があったからだ。ヒーター服とは文字通り、電気を使って温める機構を組み込んだ“着る暖房”ともいえる衣服である。最近は秋から冷え込んだときに屋外で過ごす時間を少しでも楽しむために、こうしたギアを活用するようにしている。

初めて本格的に寒いと感じた11月のある日には、電熱ベスト(ヒーターベスト)を着てモペットで街を走り回った。大晦日の午後には、電熱グローヴ(ヒーター手袋)をはめた手でうちの子犬の足を温めてやりながら、地ビールの醸造所の外に置かれたピクニックテーブルでビールを楽しんだものである(なお、記事内で紹介する製品は、すべてOroro、Venture Heat、Warming Storeの3社からレビュー用に貸し出されたものである)。

ルーツは加熱する飛行服

ヒーター服は加熱中であることを示す赤い電源ランプを除けば、ごく普通の服に見える。温かさは電気毛布と同じ程度で、とても快適だし、たいていは温度調節ができるようになっている。

ヒーター服を着て犬の散歩をしていると、見知らぬ人に声をかけられて「それは何?」「どこで買えるの?」と聞かれることがよくある。こうしたものはまだ珍しいからだと思うが、個人的にはもっと普及して、どの家庭にもひとつはあるようになればいいと願っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ