PR

WIRED WIRED

ミステリアスなものこそ美しい--イスタンブールのメディアアート・スタジオ「Ouchhh」が仕掛けるパブリック・エクスペリエンス

 米航空宇宙局(NASA)や欧州原子核研究機構(CERN)とのコラボレーション作品を次々と発表し、いま世界が注目する最先端メディアアート・スタジオ「Ouchhh(アウチ)」。「アートと科学の根源はミステリアス」だという彼らがつくり出す人工知能(AI)を使用した作品は、世界の主要都市で展示されている。トルコ・イスタンブールを拠点にする彼らの活動についてOuchhhの創設者であるフェルディ・アリシに訊いた。

TEXT BY RIE NOGUCHI

IMAGE BY OUCHHH
IMAGE BY OUCHHH

10周年を迎えるイスタンブールのアートスタジオ

2020年に森美術館で開催された「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命--人は明日どう生きるのか」で、紀元前9600~7000年ころのトルコの遺跡「ギョベクリ・テペ(G?bekli Tepe)」の画像データを、GAN(敵対的生成ネットワーク)と人工知能(AI)アルゴリズムで学習させ、モノリスのスクリーンに表現した「DATAMONOLITH」。

この古代のデータと現在のAIがパブリックアートとして融合する実験的な作品を発表したのは、トルコ・イスタンブールのアートスタジオ「Ouchhh(アウチ)」だ。

Ouchhhの活動のコンセプトは、「The most beautiful thing we can experience is the mysterious.(ミステリアスなものこそ最も美しいものである)」。物理学者アルバート・アインシュタインが残した言葉だ。2020年で活動10周年を迎えるOuchhh Studio創設者でメディアアーティストであるフェルディ・アリシに、作品制作について訊いた。

--Ouchhhは活動10周年とのことですが、活動のスタートはどのようなものだったのでしょうか?

Ouchhhの初期メンバーは、みんな同じイスタンブールの大学のビジュアル・コミュニケーション・デザイン学部出身で、大学の恩師に影響を受けながらスタジオをスタートをしました。この10年間でスタジオは大きくなり、作品の規模も大きくなってきましたね。

現在チームは25名いて、エンジニア、学者、クリエイティブコーダー、デザイナー、メディアアーティスト、モーショングラフィックデザイナーなど、さまざまなジャンルの優秀なメンバーが集まっています。メンバーは“知識”こそが壮大なパブリック・エクスペリエンスを生み出すという共通のビジョンをもって活動しています。

--スタジオ名はOuchhhですが、これは英語の「ouch!」から?

あまり意味のありすぎる単語はイヤで。みんながある程度は知っていて、でも「具体的にどういう意味があるんだろう?」と思うような普遍的な名前を探していました。「アウチ」は英語の感嘆詞で、もちろん聞いたことはあるけれど、「なんだかよくわからないよね」と話していて。じゃあ、これにしようと(笑)。

--現在は、世界の主要都市で大規模なインスタレーション・アートを発表していますね。

そうですね。イスタンブールを拠点に、ロサンジェルス、ベルリン、ウィーン、ソウル、バルセロナなどで作品を発表しています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ