PR

WIRED WIRED

グーグルのAI倫理研究者は、なぜ解雇されたのか? 「問題の論文」が浮き彫りにしたこと

 グーグルでAIの倫理を研究していたティムニット・ゲブルが解雇された問題は、ゲブルが共著者となっている研究論文が問題にされた末の出来事だった。いったい何が問題だったのか--。この論文を『WIRED』US版が独自に入手して検証した。

TEXT BY TOM SIMONITE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

著名なAI研究者であるティムニット・ゲブルは、自らが関与した論文を撤回するか、もしくは共著者から名前を削除することを拒んだ結果として、グーグルを解雇されたという。CODY O'LAUGHLIN/THE NEW YORK TIMES/REDUX/AFLO
著名なAI研究者であるティムニット・ゲブルは、自らが関与した論文を撤回するか、もしくは共著者から名前を削除することを拒んだ結果として、グーグルを解雇されたという。CODY O'LAUGHLIN/THE NEW YORK TIMES/REDUX/AFLO

グーグルの人工知能(AI)研究者ティムニット・ゲブルは今年初め、ワシントン大学教授のエミリー・ベンダーにTwitterでダイレクトメッセージを送った。ゲブルはベンダーに、自然言語の解析におけるAIの進化によって生じる倫理的問題について何か書いたことはあるかと尋ねた。ベンダーにはこの分野の論文はなかったが、ふたりは会話を続け、AIがインターネットに存在する差別的な言説を再現してしまう証拠など、この種のテクノロジーの限界について議論したという。

Twitterでのやりとりが活発になったことから、ベンダーはこれを基に学術論文を書いてみないかと提案した。彼女は「さらなる議論を誘発できればと思いました」と語る。「わたしたちはAIへの期待とその成功を目の当たりにしてきましたが、一歩下がってリスクやそれに対処するために何ができるか考えてみようと呼び掛けたかったのです」

ゲブルとベンダーのほかにも、グーグルや学術界の研究者5人が共著者として加わった。そして論文は1カ月で完成した。10月に学会に提出されたこの論文は、AIを扱った研究でも特に有名になることを運命づけられていたのである。

こうしてゲブルは12月初め、論文から自分の名前を削除するようにという上司の要求に従わなかったことで、グーグルを解雇された。同社のAI部門を率いるジェフ・ディーンによると、ゲブルの論文は「グーグルにおける公表の基準を満たしていなかった」という。ゲブルの解雇が明らかになってから、これまでにグーグルの従業員2,200人以上が事態の詳細を公開するよう求める書簡に署名している。

グーグルの研究者でゲブルと共に働いていたサミー・ベンジオはFacebookに「驚愕している」と投稿し、自分はゲブルの味方であると宣言した。また、社外のAI研究者も公に非難の声を上げている。

優れた論文だが……

こうした怒りは、突然の解雇の原因となった論文に特別な力を与えた。12ページの論文は地下出版物のようにAIの研究者たちの間で回し読みされており、『WIRED』US版もコピーを入手した。しかし重要なことは、ここに書かれていることには議論の余地がないという点である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ