PR

WIRED WIRED

隕石を巡る“叙情詩”としてのドキュメンタリー:ヘルツォーク監督が『ファイヤーボール:宇宙からの来訪者』で描きたかったこと

 ドイツの映画監督ヴェルナー・ヘルツォークの新作『ファイヤーボール:宇宙からの来訪者』が、Apple TV+で公開された。「隕石と人」にテーマに世界各地を巡ったこのドキュメンタリーで、ヘルツォークは科学的な検証とスピリチュアルな要素の間にさまざまな“物語”を見い出している。

TEXT BY DANIEL OBERHAUS

TRANSLATION BY CHISEI UMEDA/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY APPLE
PHOTOGRAPH BY APPLE

インド北部にあるランガル・クレーターは、はるか昔に巨大な隕石が地球に衝突した際に形成された。しかし、それが衝突によって生まれた窪地だと科学者たちが考えるようになったのは、19世紀になってからのことだった。

地面から見ると、それがクレーターであると判断することは難しい。なにしろあまりにも大きすぎて、全体を一度には把握できないからだ。とはいえ、ランガル・クレーターの中央に点在する神殿は、太古の人々がそこには特別な何かがあると認識していたことを示唆している。たとえ当時の人々に、その場所が外宇宙から来た岩石によって形成されたと知るすべはなかったとしてもだ。

隕石がもたらした影響の検証は常に科学的なものだが、そこにはしばしばスピリチュアルな要素もある。そして、これらのふたつの要素の間の緊張こそが、ドキュメンタリー映画『ファイヤーボール:宇宙からの来訪者』を突き動かすものだ。

ヴェルナー・ヘルツォークが脚本と監督を務めたこの作品の狙いは、隕石という地球外物質を理解し、それが残してきた痕跡を一つひとつのクレーターの縁をはるかに越えてすべてたどることにある。

ヘルツォークは、ケンブリッジ大学の火山学者であり共同監督も務めたクライヴ・オッペンハイマーとともに、世界中のさまざまな人物を訪ねている。研究室で隕石を夢中で調べる科学者たちはもちろんのこと、ノルウェーのオスロにある家々の屋上で微小隕石を探しまわるジャズ・ミュージシャン、オーストラリアの奥地で異世界の物語を記録している先住民族の画家、欧州の僻地にある天文台で隕石のコレクションを大事に守るイエズス会の神父といった人々だ。「すべての隕石に、それぞれ独自の物語があります」と、ヘルツォークは言う。

隕石に見いだした「語るべき物語」

『ファイヤーボール』は「Apple TV+」で11月13日に公開された。オッペンハイマーによると、ことの起こりは隕石の回収を目的とする毎年恒例の南極探検に出資している韓国極地研究所(KOPRI)を訪ねたことだったという。KOPRIに保管されている膨大な数の隕石コレクションを目にしたオッペンハイマーは、そこにはもっと大きな語るべき物語があると悟ったのである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ