PR

WIRED WIRED

アップルの独自チップ「M1」を搭載、3つの新しいMacの中身

 アップルがオンラインイベントを開催し、ARMベースの独自チップを搭載した新しい3モデルのMacを発表した。詳細が明かされた次期OS「macOS Big Sur」と合わせて、発表の主な内容を紹介しよう。

TEXT BY BOONE ASHWORTH AND MICHAEL CALORE

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY APPLE
PHOTOGRAPH BY APPLE

アップルが今年9月以降に新しい「Apple Watch」から「iPad」「HomePod」、そして「iPhone 12」シリーズまで次々と発表したことで、もうカリフォルニア州クパチーノへのバーチャルな“訪問”はないだろうと思っていた。

ところがアップルは、まだ“お宝”を隠していた。この秋に3回目となるオンラインイベントを11月10日(米国時間)に開催し、今度は新設計のPC用プロセッサーの発表と同時に、独自チップを搭載した新しい3モデルのMacを披露したのだ。さらに、次期macOSとなる「macOS Big Sur」についても詳細が明らかにされた。以下に今回の発表の主な内容を紹介しよう。

1.アップルの独自チップ「Apple Silicon」

今年に入ってアップルは、これまでのMacに採用してきたインテル製のプロセッサーから脱却し、独自設計のチップをMacに搭載することを明らかにしていた。今回のイベントでは、その最初のチップを発表している。アップルはこの新型チップを「M1」と名付け、プレゼンテーションでは新設計によるパフォーマンスと電力効率の高さを強調した。

アップルは独自チップの設計を約10年にわたって続けてきたが、これまでは主にモバイル製品や家庭用機器などに限って採用してきた。具体的には、iPhoneやiPad、Apple Watch、ヘッドフォン、HomePod、そしてApple TVである。そして今回の発表では、Mac用に設計されたアップル製チップが初めて登場した。

アップルは今後、同社のすべてのコンピューターを独自チップへと移行していくことを明らかにしている。2021年には、アップルのデスクトップPCやノートPCのすべてが独自チップに切り替わる見込みだ。

2.M1チップ搭載の「MacBook Air」

独自チップ「M1」を搭載した最初のMacが、この11月に発売される。そのひとつが13インチのディスプレイを搭載した「MacBook Air」だ。価格は999ドル(日本では税別10万4,800円から)ですでに受注が始まっており、11月17日に発売される。

アップルによると、M1チップを搭載したMacBook Airは大幅に高速化されており、前世代比でCPUのパフォーマンスが3.5倍、グラフィックスパフォーマンスは5倍だという。これに対してバッテリーの持続時間は最大18時間となっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ