PR

WIRED WIRED

アップルの「MagSafe」は、ついにスマートフォンにおける磁石の“正しい使い道”を証明する

 アップルが「iPhone 12」シリーズから、磁石を用いたワイヤレス充電システム「MagSafe」を導入した。実はスマートフォンに内蔵した磁石によって外部機器を装着するアイデアは、すでにモトローラが実用化していた。その試みが成功することはなかったが、アップルならうまくやるかもしれない。

TEXT BY ALEX LEE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

アップルのiPhone 12シリーズは、「Qi」規格のワイヤレス充電用コイルに磁石を組み合わせたユニットを内蔵しており、位置合わせを不要にしている。PHOTOGRAPH BY APPLE
アップルのiPhone 12シリーズは、「Qi」規格のワイヤレス充電用コイルに磁石を組み合わせたユニットを内蔵しており、位置合わせを不要にしている。PHOTOGRAPH BY APPLE

いまから4年前、レノボはサンフランシスコで開催したイベント「Tech World」で、「モトローラ」ブランドのまったく新しいスマートフォン「moto z」を発表した。壇上に立ったブランドアンバサダーのアシュトン・カッチャーは、この新型スマートフォンを「本物の完全なゲームチェンジャー」と呼んでいる。

その理由とは? 外装に4個の磁石を内蔵していたからである。どこかで聞いたような話だ。

この磁石によってmoto zは、背面に「moto mods」と呼ばれる拡張モジュールを装着することができた。70インチ(178cm)の映像を投影できるプロジェクター、画角360度のカメラレンズ、20時間もつモバイルバッテリー、スピーカー、プリンター、背面カバーなど、さまざまなモジュールが用意されていた。

このアイデアは面白そうだったが、それほどメジャーな存在にはならなかった。そして18年の「moto z3」発売の直前に、レノボがmoto mods関連の製品ラインを縮小する方向で周辺機器メーカーと協議を進めているという噂が流れた。19年の「moto z4」は販売が振るわず、レノボは後継モデルを出す方針については沈黙を守っている。

こうした経緯を考えると、アップルが「iPhone 12」で磁石によるアタッチメント「MagSafe」を導入したことは皮肉に思える。moto modsはまったくはやらなかったが、アップルの試みは成功するかもしれない。理由はいくつかあるが、まずは肝心の磁石から見ていこう。

“機能拡張”ではない使い道

アップルの磁石の使い方は、モトローラのそれとは大きく異なる。moto zシリーズの場合、拡張モジュールを装着する際には、バッテリーから給電するために16ピンの専用コネクターに接続する必要があった。また、モジュールは磁石の力だけで固定されており、やはりモジュールで機能拡張できる「LG G5」のように金具で留める方式にはなっていない。

一方、MagSafeは“機能拡張”するためのものではない。ハードウェア・システム・エンジニアリング担当副社長のデニス・テオマンは今回のオンライン発表会で、iPhoneの内部にコイルと磁石があり、ワイヤレス充電規格「Qi」と互換性があると説明している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ