PR

WIRED WIRED

聴診器がスマートフォンにつながれば、通院の多くは削減できる:ポーランド企業が考える新しい遠隔医療のかたち

 スマートフォンにワイヤレス接続できる聴診器を、ポーランド企業が開発した。アルゴリズムがアルゴリズムが肺の異常音を検知し、疾病の可能性を早期に警告する。開発元が目指しているのは、このシステムによって医療費と不要な通院や往診が大幅に減り、多くの命が救われる未来だ。

TEXT BY AMIT KATWALA

TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY STETHOME
PHOTOGRAPH BY STETHOME

ポーランドのポズナンを拠点とするソフトウェア会社を経営していたボイチェフ・ラドムスキーは、協力してくれる医師たちを探しているというメッセージをFacebookに投稿した。2015年のことである。ラドムスキーは10年にわたって大企業向けのITシステムを構築してきたが、さらに社会の役に立つことをしたいと決心したのだ。

ラドムスキーとふたりの共同創業者は、この内容を広告として投稿した。IT企業が支援できるかもしれない日常業務での問題について、誰か医療専門家に語ってもらえないかという内容である。

この投稿をきっかけに、ポズナンにあるアダム・ミツキェビチ大学のふたりの音響研究者から連絡があった。ホノラタ・ハフキー=ダイスとイェルゼイ・コシンスキーのふたりは医師ではなかったが、どちらも呼吸器感染を起こしやすい子どもがいた。そしてふたりとも、病院に子どもを連れていかなければ聴診器で肺の音を聴いてもらえないことを不満に思っていた。「ほかのことはすべてリモートでできるのですが」と、ラドムスキーは言う。

こうしてラドムスキーたちは、音響研究者たちと共にワイヤレス聴診器「StethoMe」を開発した。ラドムスキーは、これがいつか体温計と同じように、どこの家庭にも存在するようになればと考えている。

アルゴリズムが肺の異常音を検知

この聴診器は、Bluetooth経由でスマートフォンに接続して使う。高性能なマイクを利用することで、肺の内部の音を周囲の音から分離する仕組みだ。

「通院のうち最大75パーセントは不要なものなのです」と、ラドムスキーは言う。「患者のなかには、病院に行く前は調子がよかったのに、帰ってきたら具合が悪くなったという人もいます。これなら家庭でのモニタリング用に、患者の健康を危険に晒さない器具を提供できます」

StethoMeが最初に対象にしたのは、子どもたちだ。子どもの呼吸器疾患は驚くほど急激に進行することが多く、単なるせきが、あっという間に気管支炎、肺炎へと悪化する。呼吸器疾患で死亡する5歳未満の子どもは、毎年80万人を超えている。

StethoMeは、皮膚に触れると自動で肺の音を検出し、付属のアプリが保護者に診断手順をガイドする。子どもの体のどの部分にStethoMeを当てればデータをとれるのか指示してくれるのだ。

そしてアルゴリズムが肺の音を解析し、ゼーゼーいう音や、パリパリといった高音が細かく断続的に聞こえる捻髪音(ねんぱつおん)、ゴロゴロといった感じの水泡音を聞き取る。医師が聴診器で探すのはこうした音で、疾患の徴候を示している可能性があるのだ。こうして、アプリは直接的な診断を下さず、専門家への相談が必要であることをユーザーに伝える((「保護者には子どもの症状をGoogleで検索してほしくありませんから」と、ラドムスキーは言う)。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ