PR

WIRED WIRED

ナイキに挑むアディダス、新構造のランニングシューズ「adizero adios Pro」の秘密

 プロ用ランニングシューズの開発競争が激化するなか、このほどアディダスが「adizero adios Pro(アディゼロ アディオス プロ)」を発売した。まるで足の指の骨のような5本のカーボンの棒をソールに組み込んだ新シューズでアディダスは、カーボンプレート入りの厚底シューズで先行してきたナイキに挑むことになる。

TEXT BY MATT BURGESS

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY ADIDAS
PHOTOGRAPH BY ADIDAS

そのできごとが起きたのは、多くの人々が朝食を食べ終える前のことだった。ケニアのマラソン選手ペレス・ジェプチルチルが、女子ハーフマラソンの世界記録を更新したのである。2020年9月5日、朝7時25分のことだ。

彼女はプラハで開催された大会で、21.1kmを1時間5分34秒で走破して優勝した。それまでの世界記録を37秒上回る好タイムで、1km平均にして3分6秒になる。

最近の長距離選手は蛍光色のシューズを履いていることが多く、ジェプチルチルのそれも鮮やかなピンク色だった。しかし、彼女のシューズはナイキではなく、アディダスのものだった。ナイキはミッドソールにカーボンファイバープレートを採用した「ズーム ベイパーフライ 4%」を2017年に発売しており、長距離の記録はことごとく同社のシューズを履いた選手が出している。

こうしたなかアディダスは、「adizero adios Pro(アディゼロ アディオス プロ)」で反撃を開始した。アディオス プロはマラソンやランニング向けのパフォーマンスシューズで、約50人からなる専門チームが2年間かけて開発を進めてきた。長距離シューズにおけるナイキの優位に真っ向から挑むことを目指した初の製品で、価格は170ポンド(日本では税別25,000円)となる。

秘密は5本のカーボンバーにあり

他社のパフォーマンスシューズとは違い、アディオス プロのカーボンプレートはソール全体を覆うようにはなっていない。アディダス ランニング デザイン部門バイスプレジデントのサム・ハンディは、「さまざまな進化により、マラソン競技が変質していくさまを目の当たりにしてきました」と語る。「ただ、わたしたちは準備が完全に整うまでは製品を市場に出すことはしません」

ナイキのベイパーフライ 4%の成功を見て、他社は軒並みこの真似をした。サッカニー、オン、ブルックス、ホカ オネオネ、アシックスといった競合メーカーは、いずれもナイキと同じようなカーボンプレート入りのモデルを出している。

これに対してアディダスがアディオス プロで提案したのは、カーボンバーだ。新しいシューズのソールは「EnergyRods(エナジーロッド)」と呼ばれる5本のカーボンの棒を高反発性のフォーム素材「LightstrikePRO(ライトストライク プロ)」で挟み込む構造になっている。

「EnergyRodsは中足骨を再現しようする試みから生まれました」と、アディダスのハンディは語る。5本の棒はそれぞれ足の指の骨と同じ長さで、足のカーヴに沿って湾曲している。EnergyRodsはLightstrikePROやシューズ全体と合わさって機能し、最大限のクッション性を発揮する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ