PR

WIRED WIRED

害虫に“組み込まれた退化”が農業を救う? 遺伝子組み換えされた幼虫で食害を防ぐ試みの賛否

 遺伝子組み換えした幼虫を放つことで、世界中でトウモロコシやコメの食害の原因となっている虫の繁殖を阻止する試みが始まった。“組み込まれた退化”によって殺虫剤を使わずに食害の原因となる昆虫の個体数を減らす狙いがあるが、その安全性や環境負荷の観点から反発の声も上がっている。

TEXT BY ERIC NIILER

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

NIGEL CATTLIN/AFLO
NIGEL CATTLIN/AFLO

デング熱などの血液を介する感染症と闘うために遺伝子を組み換えた蚊を開発した英国のバイオテクノロジー企業が、今度は自己制御遺伝子を組み込んだ毛虫を世に送り出した。その目的とは、世界中でトウモロコシやコメの食害の原因となっている虫の繁殖の阻止である。

バイオ企業イントレクソンの英国子会社であるOxitec(オキシテック)と同社のパートナーであるバイエルの幹部は、自己制御遺伝子をもつツマジロクサヨトウのオスを開発したと9月下旬に発表した。このオスがメスと交尾して生まれた卵は主要たんぱく質が過剰になり、すぐに死滅する。

「わたしたちが開発した遺伝子は主要たんぱく質を極めて大量に作成するので、ツマジロクサヨトウの幼虫の成長にとって重要なその他の天然たんぱく質がつくれなくなります」と、Oxitecの農業プログラムの責任者ニール・モリソンは説明する。「このたんぱく質の過剰生産によって、通常の細胞機構は無力化するのです」

“組み込まれた退化”を誘発

Oxitecの目標は、殺虫剤を使わずにこの種の昆虫の個体数を減らすことだ。モリソンによると、Oxitecは特許取得済みのこの遺伝子組み換え技術「Friendly」を導入したツマジロクサヨトウの小規模な現場実験を、すでにブラジルで始めている。2021年にはブラジルの監督官庁の承認を得て、同国での実験の規模を拡大したいと考えている。

この技術は「遺伝子ドライブ」という呼び名に似合わず、致死遺伝子は標的とする昆虫種に際限なく受け継がれていく。モリソンいわく、Oxitecが開発した遺伝子がコードするたんぱく質はメスだけに影響を及ぼす。つまり、致死的な効果は2~3世代しか続かないことになる。

こうした“組み込まれた退化”は、遺伝子組み換え技術の歯止めが効かなくなると、ある生物種全体が絶滅しかねないという懸念を和らげることにつながる。このプロジェクトは、マラリアを媒介する類いの蚊を絶滅させるといった技術の使用に反対している人々によって提唱された。

北米からアフリカへと広がる食害

ツマジロクサヨトウはここ数年、原産地である南北アメリカ大陸から出発してむしゃむしゃと農作物を食べながら世界中を回っては、農地を荒らし、農作物を枯らしている。

国連食糧農業機関(FAO)の報告書によると、このガの幼虫は16年に西アフリカに上陸後、たちまち12カ国に広がり、推定約63億ドル(約6,649億万円)の損害をもたらした。報告書の分析によると、毎年推定1,770万トンのトウモロコシがツマジロクサヨトウに食い荒らされているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ