PR

WIRED WIRED

人気ドラマを“シーズン2”で打ち切りにするNetflixには、これだけの「正当な理由」がある

 Netflixの人気のSFドラマ「オルタード・カーボン」がシーズン2で終了することになった。過去にも「センス8」「The OA」「ルーク・ケイジ」といった人気作が、ファンからの強い抗議にもかかわらずシーズン2で打ち切りになっている。視聴者にしてみれば拙速に思える判断かもしれないが、実はNetflix側にはデータに基づいた「正当な理由」がある。

TEXT BY ALEX LEE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY NETFLIX
PHOTOGRAPH BY NETFLIX

いまとなっては想像すらできないが、2005年に米国版「The Office」が始まったとき、このドラマは批評家からも視聴者からも酷評された。英国のオリジナル版の単なる模倣で独創性がなく、面白くも何ともないというのだ。それでもNBCは辛抱強く続編を制作し、シーズン2からは輝かしい成功を収めた。米国版は最終的にシーズン9まで続いている。

ところが、配信サービスが全盛のいまとなっては、ほとんどの番組はここまで優遇されないし、面白いことを証明するだけの時間的な猶予も与えられない。メディア関連の市場調査会社Ampere Analysisのデータによると、Netflixオリジナルのドラマは平均してシーズン2で打ち切りになっているというのだ。

この“シーズン2で終わり”の仲間には、「センス8」「The OA」「ルーク・ケイジ」などの作品が名を連ねている。そこにこの8月には、「オルタード・カーボン」も仲間入りした。打ち切りが発表されるやいなや、お決まりのファンによる継続嘆願キャンペーンが始まったほどだ。

「センス8」は終了に対する抗議の声があまりに強かったことで、2時間の特別最終回が制作された。これはあくまで例外で、視聴者の要求が受け入れられることはほとんどない。「The OA」の継続キャンペーンの末路を見てもわかるように、打ち切りが発表されればそれまでなのだ。

すべてはデータが支配する

好きな作品が終わってしまうことはファンにとっては残念だが、継続か打ち切りかの判断はデータに基づいて下されている。ネットフリックスはほかのテレビ局と同様に各番組の視聴率を公表していないが、視聴者の数と制作費を比較検討して次のシーズンを制作するかどうかを決めるとされている。

ネットフリックスのオリジナルプログラム担当副社長だったシンディー・ホランドは18年のテレビ批評家協会のプレス懇談会で、「いちばん重視するのは制作費を正当化できるだけの視聴率をとれているかという点です」と発言している。つまり、「オルタード・カーボン」や「The OA」には熱狂的なファンはいるが、視聴者数は全体ではそれほど多くなかった可能性がある。

配信サービスに特化した市場調査会社Enders Analysisのトム・ハリントンは、ネットフリックスにとっては契約者の大多数が見てくれる作品が理想なのだと説明する。例えば、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は既存の契約者を楽しませるだけでなく、新規加入者の増加にも貢献した。このためシーズン3が制作されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ