PR

WIRED WIRED

西南極の巨大な氷河に「崩壊」の兆し さらなる海面上昇の危機が訪れる

 西南極の氷河を調査する5カ年プロジェクト「国際スウェイツ氷河共同研究」。このほど発表されたその最初の調査結果から、この巨大な氷河が崩壊を始める兆候が明らかになった。その先には、大規模な海面上昇というさらなる大問題が生じる可能性が浮き彫りになっている。

TEXT BY ERIC NIILER

TRANSLATION BY NORIKO ISHIGAKI

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY ALEX MAZUR/INTERNATIONAL THWAITES GLACIER COLLABORATION
PHOTOGRAPH BY ALEX MAZUR/INTERNATIONAL THWAITES GLACIER COLLABORATION

科学者たちはこの数年、西南極にあるスウェイツ氷河の後退と、来たる崩壊の可能性について懸念を示してきた。

米国のフロリダ州に匹敵する面積をもつスウェイツ氷河は、西南極の氷床が南極海へ流出しないよう氷を保持する役割を果たしてきた。それだけに、スウェイツ氷河が崩壊すれば壊滅的な打撃が及ぶことになる。

米航空宇宙局(NASA)の試算によると、この氷河の崩壊だけで世界の海面は2フィート(約60cm)以上も上昇するという。さらに周辺の氷河の融解による影響も合わせると、合計8フィート(約244cm)の上昇になる。

こうした事態が生じることに不安を覚えた世界の研究チームは、スウェイツ氷河とそこに隣接するパインアイランド氷河の現状を把握しようと調査を続けてきた。そして米国と英国の研究者からなるグループが2019年1月、例年になく穏やかだった気候を利用して、船舶や無人潜水艦、飛行機で両氷河と周辺の海における観測を実施した。これは「国際スウェイツ氷河共同研究」(ITGC、International Thwaites Glacier Collaboration)と呼ばれる5,000万ドルを投じた5カ年プロジェクトの一環で、このほど最初の研究成果が発表された。そしてその内容は、わたしたちに不安を抱かせるようなものだった。

海底で見つかった大規模な「溝」

研究チームはソナーを搭載した特別仕様の船を使って海底を調査し、幅25マイル(約40km)に及ぶ複数の溝を発見した。これらの溝が、スウェイツ氷河とパインアイランド氷河の基部に温度の高い海水を運び込んでいるという。

この暖かい海水の流れが、氷河が南極大陸の末端と接触する地点(接地線)に到達すると、氷河の下にある氷が解け、氷河全体が滑りやすくなる。テーブルの上の角氷が、自身から解けだした水の上で簡単に滑ってゆくさまを思い浮かべると、わかりやすいだろう。

こうしたなか英国南極観測局の海洋地球物理学者であるケリー・ホーガンは、ふたつの氷河の前に位置する海底の地形図を描き出した。ホーガンは2019年冬の2カ月間にわたり、チリのプンタ・アレナスから出発した米英合同の南極探査隊に参加した。米国の調査船ナサニエル・B・パルマー号で5日かけて南極大陸へ渡り、調査対象であるスウェイツ氷河の現地へ足を踏み入れたホーガンは、そのとき突如として目の前に現れた巨大な氷の壁に出くわした。

「スウェイツ氷河に到達したのは夜でした」と、ホーガンは振り返る。「周囲は暗く、霧がかかっていました。操舵室で船長と話していると、いきなり暗闇から高さが25mもある壁が現れたのです」

それから2カ月にわたって研究チームは、スウェイツ氷河の前に広がる幅80マイル(約130km)の湾内を通称「芝刈り」と呼ばれる移動パターンでくまなく往復して調査を続けた。調査船が搭載していたマルチビームの音響測深器で海底のソナー画像を収集し、それを基に3Dマップを作成したのだ。この結果、海底にある何本もの巨大な溝が氷河の基部に暖かい海水を運んでいることが明らかになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ