PR

WIRED WIRED

ブラウザーのタブが増えすぎた? そんなときに試すべき3つの“整理術”

 いつの間にかウェブブラウザーのタブが増えすぎてしまい、目的のタブを見つけられない--。そんな状況に陥ってしまった人のために、タブを効率よく整理するための3つの方法を紹介する。

TEXT BY DAVID NIELD

TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED(US)

ILLUSTRATION BY ELENA LACEY
ILLUSTRATION BY ELENA LACEY

ウェブブラウザーのタブは、いまやウェブサイトを閲覧する際に欠かせない日常生活の一部だ。この記事を読んでいるあなたも、きっといくつものタブを開いているに違いない。

そして、たいていは多くなりすぎる。普通はそれで問題ない。ページを比べたり、あとで読みたいものを残しておいたり、あるいはただ仕事を整理する際に便利だからだ。

問題は、あまりに便利なので、あっという間に収拾がつかない数になってしまうことだ。たった30分ほどPCに向かっているだけで、必要なタブを見つけるために60ものタブと格闘するはめになる。さらに悪いことに、マシンが再起動してセッションの自動保存が失敗すると、こうしたタブがすべて失われてしまうのだ。

そこで、こうした“タブの悲劇”から抜け出すための解決策を紹介しよう。この方法を使えば、タブが「困ったもの」ではなく、「便利な道具」になるように管理できる。タブの増え過ぎ防止に使えるツールは普段から使っているブラウザーにもあるし、サードパーティーのアドオンにもある。

1)Chromeの「タブグループ」の活用

グーグルは最近、ウェブブラウザー「Google Chrome」に、たくさんのタブを管理しやすくする「タブグループ」という新機能を導入した。タブを右クリックして表示されるメニューで「新しいグループに追加」を選択すると、そのタブに色付きのドットが割り当てられる。これに名前(見出し)を付けることができ、ドットを右クリックすると色も変えられる。

異なるプロジェクトごとに違ったグループを設定することもできるし、個人的なものにひとつ、仕事関連のものにひとつ設定することもできる(タブグループ機能を使用できない場合は、Chromeが最新バージョンになっているか確認してほしい。それでも利用できない場合は、アドレスバーに「chrome://flags」と入力して「Experiments」設定画面に移動し、「Tab Groups」機能を有効にする)。

タブグループは、ラベルをクリックすることで、展開したり折り畳んだりできる。新しいタブをグループに追加するには、タブをグループ内にドラッグするか、タブを右クリックして「タブをグループに追加」を選択する(ここで新しいグループを作成することもできる)。

タブをグループの外にドラッグすれば、グループから外すことができる。グループを閉じる、あるいはグループからタブを解除するには、ラベルを右クリックして表示されたメニューから処理できる。

閉じたグループは、閉じたタブと同じ方法で元に戻すことができる。閉じたタブは、Chromeのメニューの「履歴」にある「最近閉じたタブ」から元に戻せる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ