PR

WIRED WIRED

「DVDレンタル」は終わらない? Netflixの宅配サービスを、いまも200万人が利用している理由

 いまや世界中に勢力を広げ、独自の映画制作にも乗り出しているストリーミング大手のネットフリックス。DVDの宅配サービスから始まった同社が、いまも宅配を続けていることをご存じだろうか。しかも、郵送でディスクを受け取っているユーザーが米国だけで200万人もいるというのだ。いったいどういうことなのか。

TEXT BY AMIT KATWALA

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY NETFLIX; WIRED UK
PHOTOGRAPH BY NETFLIX; WIRED UK

エリックが2005年ごろにNetflixに加入したのは、便利さに引かれたからだった。レンタルビデオチェーンのブロックバスターの地元の店まで行かなくても、Netflixなら手続きしてから2~3日で自宅の郵便受けに映画のDVDが届き、外出せずに済む。

それにNetflixには、借りられる作品が大量にあった。地元の小さなレンタル店の在庫より、ずっと多くの作品があったのだ。「家にいながらにして、観たい映画のほとんどが届いたんです」と、米国でプロジェクトマネジャーの仕事をしているエリックは言う。

ネットフリックスは2007年に、ちょうど10億枚目のDVDを宅配した。米国に42カ所ある配送センターのひとつから、テキサス州のユーザーの手元に映画『バベル』が届けられたのだ。こうしたセンターでは630万人の会員にDVDを配送していた。しかし、ネットフリックスのビジネスモデルは、その時点ですでに変わりつつあった。

こうしたなかネットフリックスは、2007年1月に独自のストリーミングサービスの開始を発表した。そしていま、同社は独自のコンテンツ制作に数十億ドルを投資し、190カ国に1億6,700万人もの会員を擁する大手テック企業へと成長した。

しかし、41歳になったエリックは、いまもDVDとブルーレイディスクを郵送で受け取っている。鑑賞後すぐに返送する場合もあれば、何カ月も未開封の場合もある。映画を観たくなったらその作品のレンタル商品が郵送されてくるまで待つという発想自体が、大半の人々にとっては滑稽なほど古めかしいと思うだろう。

ところが、レンタル商品の送付を待っている人はエリックだけではない。そういった人々の数は、ネットフリックスの急成長を物語る多くのあらゆる数値のなかでも、最も驚きの数値といえよう。米国にはネットフリックスから郵送でDVDを借りる会員が、いまだに200万人以上もいるのだ。

ストリーミングより豊富な品揃え

借りられるDVDの豊富なラインナップを重視する会員もいる。ネットフリックスが独自のストリーミングサービスを拡大させるにつれ、(レンタル作品の総数は増えているにしても)名作映画のラインナップが縮小しているように思われるのは、同社が独自の番組やドキュメンタリー作品の制作に力を入れているからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ