PR

WIRED WIRED

バンドルサービス「Apple One」から、アップルによる“市場独占”という未来が見えてくる

 アップルが有料のサブスクリプションをひとまとめにバンドルしたサービス「Apple One」を発表した。この種のサービスは過去にも多くの企業が提供してきたが、アップルが提供すること別の筋書きが見えてくる。それはハードウェアと緊密に連携したサービスによって、アップルがさまざまな市場を独占していくというシナリオだ。

TEXT BY STEVEN LEVY

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY APPLE
PHOTOGRAPH BY APPLE

新型コロナウイルスが原因の新機軸なのか、それとも単に大きなニュースがなかっただけなのかはわからない。だが、アップルが9月15日(米国時間)に実施したイベントでは、新製品の発表という華々しい場としては珍しい特徴が見られた。それは簡潔さだ。

イベント全体の長さは1時間を少し超える程度だった。発表の目玉は「Apple Watch」の新しいバージョンで、(“高価な安物”としての不幸な船出を経て)フィットネスツールとしての路線を継承している。また、低・中価格帯のiPadの刷新も大きな話題のひとつだった。

しかし、アップル最高経営責任者(CEO)のティム・クックのプレゼンテーションのなかで最も興味深かったことは、一連のハードウェアではない。アップルが提供するサブスクリプションサービスをバンドルするという、新たな戦略である。

このバンドルサービスは「Apple One」と名付けられている。「One」というフレーズからはさまざまなポップソングが頭に浮かぶし、『ロード・オブ・ザ・リング』に登場する宝石「一つの指輪(The One Ring)」を思わせることも気になる。

“お得”なサービスの中身

サービスのアイデア自体は、よくあるシンプルなものだ。アップルの複数の有料サービスを、個別に購入した場合の合計料金よりも安く月額課金で利用しませんか、というものである。

この手のサブスクリプションの代表例が、おびただしい数のチャンネルが含まれたケーブル番組のバンドルだった。少なくとも、利用をやめたくなるほど肥大化して高額になるまで、多くのチャンネルは一度も観ずに終わる。

テレビ市場で見かけるバンドルサービスの負の側面のひとつは、運営会社が回線だけでなくコンテンツも扱う場合に、競合企業のチャンネルより自社番組をひいきしてしまうということだ。そんなわけで、オーディオストリーミングのライバルであるSpotifyは、即座にApple One(全プランに「Apple Music」が含まれている)に抗議した。

新たなバンドルサービスは、「iCloud」のストレージを組み入れることで有利なスタートを切ることになる。アップル製のデバイスには、そもそも無料で利用できる5GB以上のストレージを理論上は必要としないはずなのに、そのままでは不便極まりないという好ましくない秘密がある。「iCloudのストレージを増やさないとあれもこれもできない」というメッセージが、絶えず表示されるのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ