PR

WIRED WIRED

戦闘機を制御する“軍事AI”が米軍のパイロットに圧勝、そのポテンシャルの高さが意味すること

 アルファベット傘下の人工知能(AI)企業、ディープマインドが開発した「強化学習」の手法。ある企業は、この手法を応用したAIパイロットを開発し、戦闘シミュレーションで米軍のF-16パイロットに圧勝してみせた。そのポテンシャルの高さは、AIの軍事利用に関する丁寧な議論の必要性を示している。

TEXT BY WILL KNIGHT

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY ICON SPORTSWIRE
PHOTOGRAPH BY ICON SPORTSWIRE

アルファベット傘下の人工知能(AI)企業として知られるディープマインド(DeepMind)の創業者ふたりが2015年7月、ある公開書簡にいち早く署名した。殺傷能力のあるAI兵器の開発への取り組みを禁止するよう世界各国の政府に勧告したこの書簡の署名には、スティーヴン・ホーキングやイーロン・マスク、そしてTwitterの共同創業者のジャック・ドーシーなども名を連ねていた。

こうしたなか、ディープマインドが一般に広めてきたAI技術が、自律飛行するF-16戦闘機を制御できるよう最適化されていた。米国防総省が資金を提供し、AIシステムの能力を披露するためのコンテスト「AlphaDogfight」が2020年8月中旬に開催されたのだ。

コンテストの最終ステージでは、そのアルゴリズムのひとつが、仮想現実(VR)のヘッドセットをかぶってシミュレーターを操作する人間のパイロットと直接対決した。勝ったのはAIパイロットで、スコアは5対0だった。

技術発展と非倫理的利用の板挟み

このエピソードは、ディープマインドがふたつの相反する“欲望”の狭間にあることを示している。

ディープマインドは、自社の技術が人を殺すために利用されることは望んでいない。一方で、研究内容やソースコードを公開すればAI分野での進歩に役立ち、その結果に基づいてほかの人々が研究を発展させることができる。だが、それは同時に、外部の人々がそれぞれの目的でコードを利用したり、最適化させたりすることにもつながる。

AI分野においては、他社も同じような板挟みに苦闘している。顔認識からディープフェイク、自律型兵器に至るまで、倫理的に問題があるAIの利用が次々に登場するなか、こうした板挟みはますます大きな意味をもってきている。

ディープマインドの広報担当者は、社会はAI兵器について何が許容できるのか議論する必要があるのだと言う。「AIの責任ある利用に関する共通規範の確立が極めて重要です」

ディープマインドの社内には、自社の研究がどのような影響を及ぼしうるかを評価するチームがあり、同社が開発したコードのなかには外部に公開されないものもある。「何を公開するかについては、思慮深く責任をもって考えています」と、ディープマインドの広報担当者は言う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ