PR

WIRED WIRED

サンフランシスコの空が“オレンジ色”に染まった現象、その科学的なメカニズム

 米西海岸で発生している山火事の影響で、このほどサンフランシスコやシリコンバレーを含む一帯の空がオレンジ色に染まる現象が起きた。まるで火星のようだとも形容された今回の現象、いったいどんなメカニズムだったのか? そこには大気中の化学反応と物理現象が関係している。

TEXT BY ADAM ROGERS

WIRED(US)

SCOTT STRAZZANTE/SAN FRANCISCO CHRONICLE/GETTY IMAGES
SCOTT STRAZZANTE/SAN FRANCISCO CHRONICLE/GETTY IMAGES

サンフランシスコの空は、米国の大統領が映っているテレビの画面と同じ色をしていた。

正直に言うと、この言い回しはTwitterの投稿から拝借したもので、ドナルド・トランプのメイクのオレンジ色をオタク的なセンスで皮肉っている。だが、どんな皮肉も気候変動を止めることはできないし、北米史上最悪となる山火事の季節を終わらせることもできない。

干からびて甲虫に食い荒らされた森やシャパラル(低木の茂み)が落雷や乾いた風の直撃を受け、米国西部では約100件の山火事が起きている。この山火事は現在までに13,000平方キロメートル以上に広がっており、1,000戸以上が全焼し、街がまるごと焼失したケースまである。

だが、これらの一連の出来事は、このほど起きた空の異変を説明するものではない。9月9日(米国時間)の朝、目を覚ましたカリフォルニアのベイエリアの住民たちは、太陽のない空がゴールデン・ゲート・ブリッジのようなオレンジ色に染まっている様子を目の当たりにしたのだ。

これは笑いごとではなかった。街灯は消えておらず、もやを突き破ってそびえ立つ巨大なストロ・タワーの電波アンテナは、さながら機械化された「サウロンの目」のようだった。煮えたぎるマグマのような光がすべてを覆い、まるで光り輝くひと筋の夕焼けのなかに閉じ込められてしまったかのように感じられた。

世紀末を告げる疫病や核の冬の到来、街全体が『ブレードランナー2049』のセットを再現しているようだといった陰鬱な冗談半分の会話を交わしながら、西海岸の住民たちは疑問に思っていた。実際のところ、なぜ空はあんな色になっているのか、と--。

化学反応と物理現象の組み合わせ

このオレンジ色(そして、それに続いた弱々しい黄色と病的な灰色)は、大気中の化学反応と、ごく微細な物理現象が組み合わさって起きたものだ。

より直接的には、やはり原因は山火事にあった。多くの山火事が非常に大規模かつ高温で、火災積乱雲(「炎の雷雨」)をつくり出し、すすや煙を大気の柱に乗せて上空約15kmの成層圏へと舞い上げている。さらに、この熱が異常な風を生み出し、シエラネバダ山脈の煙を西海岸へと運んだ。

こうしたさまざまな汚染物質が、文字通り太陽を遮断したのである。あるいは、少なくとも太陽の一部をというべきだろうか(悪魔は細かい色合いの変化にこそ宿るのである)。

「あのようなものは見たことがありませんでした。大気汚染のある街には行ったことがありますが、今回のように不吉な、深みのあるオレンジ色は見たことがありません」。米航空宇宙局(NASA)エイムズ研究センターの物理学者で、エアロゾルと光の散乱を研究しているサナズ・バヒディニアはそう話す。「大気汚染された街では、いまがそうであるように、セピア色で汚く、もう少し暗い感じになることが一般的です。今回の現象は実に興味深いものでした」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ