PR

WIRED WIRED

Alexa、殺人事件の法廷で“証言”して:スマートスピーカーで記録される音声の捜査利用が加速

 Amazon EchoやGoogle Homeのようなスマートスピーカーで記録された音声データが、事件の“証拠”として法廷に提出されるケースが米国では相次いでいる。こうしたサービスの利用規約にはデータ開示の可能性が明記されており、警察がスマートスピーカーの音声やウェアラブル機器のデータを操作に活用する動きを加速させることになりそうだ。

TEXT BY SIDNEY FUSSELL

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

NEIL GOLDWIN/FUTURE PUBLISHING/GETTY IMAGES
NEIL GOLDWIN/FUTURE PUBLISHING/GETTY IMAGES

シルビア・ガルバの自宅に警官が駆けつけたのは、2019年7月のことだった。32歳のガルバの家にいた友人が、ガルバと彼女の夫で43歳のアダム・クレスポとの激しい口論を偶然耳にしたと通報してきたからだ。ガルバとクレスポは、マイアミから20マイル(約32km)離れたハランデールビーチで同居していた。

警官が到着した時点でガルバは死んでおり、ベッドの支柱の先端に付いている長さ12インチ(約30.5cm)の刃で胸を貫かれていた。警察はクレスポがガルバをベッドから引きずり出そうとしたものと見ている。ガルバはベッドの支柱を握りしめて抵抗したが、支柱のとがった先端が折れた拍子に、どうやら命を奪われたらしいというのだ。

警察はクレスポを第2級殺人の容疑で逮捕した。クレスポは無罪を主張し、65,000ドル(約685万円)の保釈金で釈放され、裁判を待っている。そして逮捕の数カ月後、クレスポの弁護士はクレスポを弁護するために驚くべき証拠を提出した。それは2台の「Amazon Echo」に録音された音声だった。

「多くのインタヴューを受け、『誰かを殺人事件で有罪と認定するためにAlexaの録音が使われる最初のケースになりかねないと、わかっているのですか?』と聞かれました」と、クレスポの弁護士クリストファー・オトゥールは語る。「ところが、わたしはまったく逆で、これは誰かの容疑を晴らして無実だと示すためにアマゾンのAlexaの録音が使われる最初のケースになりうると考えたのです」

警官や検察官がスマートホーム機器やスマートスピーカーのデータを集める場合、通常そのデータは容疑者に不利な証拠として用いられる。ハランデールビーチ警察がクレスポのスマートスピーカーを法廷へ提出させる令状を請求したのは、ガルバの友人が耳にしたという口論の録音を聞けるかもしれないからだった。

警察が「Alexaのデータ」を求める件数は急増

この事件は、警察の捜査におけるスマートホーム機器やウェアラブル機器の役割の増大を示している。

アーカンソー州ベントンビルの警察が2016年、ある男性の死亡に関連して「Amazon Echo」のデータ提出を要求した。この種の要求としては最初の例だと考えられている。

当初アマゾンはこの要求を拒否しようとしたが、のちにデータを提出した。殺人容疑で逮捕された被疑者は不起訴となったものの、それ以来スマートスピーカーやスマートホーム機器、ウェアラブル機器のデータは多様な事件に影響を与えている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ