PR

WIRED WIRED

「監視技術の地図」が、全米に“監視の目”が広がっている現実を浮き彫りにする

 全米のあちこちに潜む監視システムをマッピングした「監視アトラス」という名の地図が公表された。非営利団体の電子フロンティア財団(EFF)とネバダ大学が学生やボランティアの手を借りて構築した地図からは、米国の大都市のみならず片田舎にも監視の目が広がっている実態が浮かび上がってくる。

TEXT BY BRIAN BARRETT

TRANSLATION BY MASUMI HODGSON/TRANNET

WIRED(US)

BOMBZILLA/GETTY IMAGES
BOMBZILLA/GETTY IMAGES

ホームセキュリティ企業のリング(Ring)には、1,300社以上のパートナー企業がいる。そして米国には何百もの顔認識システムや、携帯電話の基地局になりすます装置が何十もある。あらゆる場所に、あらゆるかたちの監視機器が設置されているのだ。

そして、これらは新たにつくられた地図「Atlas of Surveillance(監視アトラス)」にマッピングされている。非営利団体の電子フロンティア財団(EFF)がネバダ大学リノ校のジャーナリズム大学院と共同制作した監視アトラスからは、警察や法執行機関が使っているテクノロジーの種類だけでなく、どこでそのテクノロジーが使われているのかといった全体像が見えてくる。

自動車ナンバーの自動読取装置から警察のボディカメラ、膨大な監視データを集中処理するセンターまで、あらゆる場所に警察の高度な監視ツールが設置されていることが、監視アトラスを眺めていると痛感させられる。3,000の警察署による5,300のデータポイントも、警察による監視の真の姿のほんの一部なのだ。

「すべてを網羅するつもりはありません」と、EFFの上級調査研究員でネバダ大学リノ校ジャーナリズム大学院の客員教授としてプロジェクトを率いてきたデイヴ・マースは言う。「拡大する監視網と互角に勝負するという目標を掲げれば、負けてしまうでしょうね」

確かに核心を突いている。監視アトラスは、すでに人々の不安を十分にかきたてている。米国の司法統計局が把握している18,000もの連邦、州、郡、市町村すべての法執行機関を網羅したらどれほど過密なものになるか、想像すらできない。

1年半前からの試行錯誤

監視地図をここまで充実させるだけでも大変な作業であり、プロジェクトは約1年半も前から始められていた。

マースによると、EFFがメディアから受ける質問のなかでも特に多いのは、米国における監視テクノロジーの分布に関するものだという。EFFは、過去に自動車ナンバー自動読取装置に関する調査を実施している。また、バード大学ドローン研究センターをはじめ、ほかの機関も特定の技術に関する独自のデータベースを構築している。

だが、中央の“保管庫”はどこにあるのだろうか? この謎を解き明かすには、研究者の団体か何百人ものジャーナリズム専攻の学生が必要になる。ネバダ大学リノ校のジャーナリズム大学院が、その答えだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ