PR

WIRED WIRED

「人気度」で限度額が決まる!? インフルエンサー向けクレジットカードが掘り起こす“新市場”の可能性

 年収数億円でも、クレジットカードの利用限度額は100万円--。インフルエンサーたちは収入に見合った信用を従来の金融機関から得られず、クレジットカードや住宅ローンといった金融サービスの利用に苦労している。そこであるスタートアップが、インフルエンサーやユーチューバーに特化したクレジットカードの提供を始めた。見逃されてきた市場を、いかに“金鉱”に変えようとしているのか。

TEXT BY ARIELLE PARDES

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY KARAT
PHOTOGRAPH BY KARAT

スペンサー・ドネリーは、「TheRussianBadger」の名で知られるユーチューバーだ。彼がゲーム動画を投稿しているチャンネルの登録者数は270万人にもなっており、ビジネスは何年も前から好調に推移している。

投稿した動画に対して、YouTubeからは広告収益に基づく配当が支払われる。その額は、実況動画をフルタイムの職業とするに十分なものだ。このためドネリーは数年前にThe Russian Badgerという名の法人を立ち上げ、YouTubeでの活動をビジネス化した。

ところが、ひとつだけ問題が残っていた。どの銀行も正式なクレジットカードを発行してくれなかったのだ。

年収3億円で、カードの限度額は…?

「年収が200万から300万ドル(約2.1億~3.2億円)あるのに、カードの限度額が毎月20,000ドル(約211万円)なんです。信じられますか?」と、ドネリーは言う。それが、いわゆる旧来の銀行から得られた最大の利用限度額だったのである。

ゲーム用PC一式をアップグレードするときも(高価だが必要経費だ)、ドネリーは自分のカードの限度額に収まるように部品を複数回に分けて購入せざるを得なかったという。

ドネリーは、自分のライフスタイルがビジネスでもあることを金融機関が理解せず、相手にしてくれないと感じてきた。YouTubeやInstagram、Twitchといったプラットフォームで生計を立てているクリエイターたちのなかにも、同じ悩みを抱える人は多い。

こうした人たちをターゲットに据えた企業が、インフルエンサー向けに金融サービスを提供するスタートアップのカラット(Karat)だ。

カラットにとって初のサービスが、「Karat Black Card」である。インフルエンサー専用につくられたクレジットカードで、利用限度額は月額50,000ドル(約530万円)から始まる。カードの特典もカスタマイズ可能だ。ゲーマーならストリーミングサービスに対してキャッシュバックがあるし、美容関連のインフルエンサーなら商品の購入に対する特典がある。

カードの利用限度額は、インフルエンサーのソーシャル指標や収入源、貯金額などによって決定される。カラットは、このカードを発行するためにオンライン決済のストライプと提携した。ストライプは2019年末に独自の法人向けクレジットカードの提供を始めた会社だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ