PR

WIRED WIRED

スティーブ・ジョブズが20年前に送り出した“透明な四角い箱”が証明したこと

 いまから20年前、アップルのCEOだったスティーブ・ジョブズが世に送り出した製品がある。ジョブズの美意識を凝縮したような「Power Mac G4 Cube」だ。結果的に“失敗”に終わった製品だが、その短い歴史はジョブズが「優れたリーダー」であったことも証明している--。ジャーナリストで『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レビが、当時の取材の録音テープから振り返った。

TEXT BY STEVEN LEVY

WIRED(US)

APPLE/GETTY IMAGES
APPLE/GETTY IMAGES

この7月で、アップルの「Power Mac G4 Cube」が発表されてから20周年を迎えた。そしてアップルが「G4 Cube」の生産を“凍結”すると発表してから19年目でもある。氷のキューブと「Cube」を引っかけただじゃれは、この記事のために思いついたわけではない。アップルが公式に生産中止を発表した2001年7月3日のプレスリリースの見出しで使われた表現だ。

2000年夏の「MACWORLD Expo」で、この製品が発表される前夜のことだ。アップル最高経営責任者(CEO)だったスティーブ・ジョブズには、“方向転換”するそぶりなどまったくなかった--。そんなことを、ちょうど20年前に録音したカセットテープを聴きながら思いだした。テープには、「G4 Cube」が発表される直前にカリフォルニア州クパチーノでジョブズと交わした、2時間に及ぶ会話が収められていた。

ジョブズがわたしをアップルの本社へと呼びだした“理由”は、当時の本社「アップル・キャンパス」の役員室にある長いテーブルの上で黒っぽい布に覆われて鎮座していた。

「史上最高にクールなコンピューターをつくったんだ」と、ジョブズは言った。「じゃあ、いまからお見せしましょう」

彼が布をはぎとると、電子機器の塊を内側に浮かべた8インチ(約20cm)四方のずんぐりした透明なプラスティックが姿を現した。それはコンピューターというよりは、フィリップ・K・ディックとルートビヒ・ミース・ファン・デル・ローエの間をゆく完璧なコンセプトから生まれたトースターのように見えた(そこにはもちろん、ジョナサン・アイヴの特徴が見てとれた)。コンピューターの隣には、クリスマス飾りくらいの大きさのガラスに似た球体に収められたスピーカーが、ふたつ並んでいた。

「『Cube』です」と、ジョブズは芝居じみた感じで言ったが、興奮を抑えきれないようだった。

「息をのむほど美しい」とジョブズは言った

ジョブズはまず、「Cube」はパワフルだが自然空冷であると強調した(ジョブズは冷却ファンが大嫌いだった。憎んでいたのだ)。電源ボタンはないが、かざした手を感知して電源が入る様子を彼は実際に見せてくれた。また、アップルが「Cube」でディスクのトレイをなくし、スロットの上にディスクをもっていくだけでコンピューターがディスクを呑み込むさまも実演してみせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ