PR

WIRED WIRED

NASAが打ち上げに成功した火星探査機は、「生命の痕跡」を見つける歴史的なミッションに挑もうとしている

 NASAの火星探査機「パーセヴェランス」を載せたロケットが打ち上げに成功した。最大のミッションは火星に生命が存在していた痕跡を土壌から見つけ出し、将来的に地球に持ち帰れるように保存しておくことだ。歴史的な発見への第一歩が、いま始まろうとしている。

TEXT BY DANIEL OBERHAUS

WIRED(US)

米航空宇宙局(NASA)は7月30日(米国時間)に新しい火星探査機「Perseverance(パーセヴェランス)」を搭載したロケットを打ち上げ、“赤い惑星”を目指す6カ月の旅が始まった。クルマほどの大きさの探査機は、フロリダ州のケネディ宇宙センターから発射されたユナイテッド・ローンチ・アライアンス製の中型ロケット「アトラスV」に載せられ、宇宙空間へと到達した。

すでに7月には、中国とアラブ首長国連邦(UAE)がそれぞれ初の火星探査機を打ち上げている。これで今夏、地球からの出発を予定していた3つの火星探査機の打ち上げが、すべて成功したことになる。

目指すは「生命の痕跡」の発見

パーセヴェランスは、火星で地球外生命体の痕跡を探す自律走行車である。主な任務は、古代生物が存在していた可能性の兆候を火星の土壌から見つけ出し、それを容器に回収した上で、2020年代半ばに送り込まれる別の無人探査機で地球に持ち帰れるようにすることだ。

NASAが手がける5台目の火星探査機には、NASAにとって初の多くの新機軸が盛り込まれている。パーセヴェランスは、火星探査機として初めてマイクを搭載し、機体が地表に向けて降下する音を録音する。また、探査機として初めてズーム可能なカメラで写真を撮影する。

さらに宇宙機として初めて超軽量ヘリコプターを搭載したほか、探査車として初めて米国産プルトニウムを燃料に採用している。そして初めて宇宙服のサンプルを搭載しており、地球外惑星で試験を実施する。最終的に探査機として初めて火星の土壌を地球に持ち帰る計画であるなど、初ものづくしだ。

とはいえ、それらを達成するには、まずは火星に到達しなければならない。無事に宇宙空間に到達したパーセヴェランスは今後6カ月かけて、UFOを思わせる白い「エアロシェル」(搭載する宇宙機を大気圏突入時の熱と圧力から保護するカプセル)の中で空虚な宇宙空間を旅することになる。これほど短時間で到達できるのは、火星と地球が26カ月で最も接近するタイミングだからだ。

エアロシェルを生産したのはロッキード・マーティンである。これまでNASAの無人探査機を火星の地表に無事に運んだエアロシェルは、いずれも同社が製造したものだ。「わたしたちは1970年代からエアロシェルをつくっており、技術もかなり成熟してきました」と、ロッキード・マーティンの「Mars 2020」プログラムマネージャーのニール・タイスは語る。

超高温に耐えるシールドの威力

来年2月に火星に到着したパーセヴェランスが、精度の高い着陸の実行という過去最大の課題にとりかかる際には、この経験が活きてくるだろう。探査機の降下作業は、NASAのエンジニアの間では「恐怖の7分間」として知られている。それほど探査機が大気圏を降下するには時間がかかるのだ。降下の際には、27億ドルのミッションが水泡に帰さぬよう、数々の複雑な機動を手順通りにこなさなければならない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ