PR

WIRED WIRED

ボルボの高級EV「ポールスター2」は電気自動車のあるべき姿を体現し、テスラを脅かす存在になった:試乗レビュー

 ボルボの高級EVブランド「ポールスター」の第2弾となる「ポールスター2」。上質な走りや北欧ブランドらしいデザイン、そしてスマートフォンそのものといえる操作系などによって「EVのあるべき姿」を体現し、テスラを脅かす存在になったと言っていい--。『WIRED』UK版による試乗レビュー。

TEXT BY JEREMY WHITE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY POLESTAR
PHOTOGRAPH BY POLESTAR

ボルボの高級電気自動車(EV)ブランド「ポールスター」については、第1弾となる「ポールスター1」をベタ褒めしたことを覚えている人も多いだろう。圧巻のスピードと美しいデザイン性を兼ね備えた非常に印象的なプラグインハイブリッド車(PHV)だった。

残念なことにポールスター1は限定1,500台しか生産されなかったが、これには理由がある。あのモデルは、ブランドの第2弾で本命とも言えるEV「ポールスター2」までの“つなぎ”という位置づけだったからだ。

満を持して市場投入されるポールスター2は、驚くべきクルマだと断言できる。これから詳しいレビューを書いていくが、まずは簡単にまとめておこう。

ポールスター1は、ボルボが自動車メーカーとしての方向性を提示するためにつくった、いわば試験的なモデルである。このため短期の集中プロジェクトだったが、それでもあれだけのPHVに仕上がった。これに対してポールスター2は、かなりの時間をかけて開発が進められてきた。その素晴らしさは想像できることだろう。

ふたつの使命

ポールスター2は、ふたつの使命を負っている。まずは、EV市場でボルボの存在感を高めること。そして、業界をリードするテスラの「モデル3」に勝負を挑むことだ。

ポールスター1のインパクトに加え、先に発表されたSUV「ポールスター3」やコンセプトカー「Polestar Precept(プリセプト)」を見れば、EV市場での地位の確保という目標は容易に達成できそうに思える。また、ボルボの親会社である中国の浙江吉利控股集団(ジーリー)は「ロータス」「Lynk&Co(リンク・アンド・コー)」といったブランドも傘下にもつ。

では、テスラとの戦いはどうだろう。これについては、僅差ではあるが勝利と言っていい。

価格面から見ていくと、ポールスター2の英国での販売価格は44,900ポンド(約610万円)からで、モデル3のベースモデルと比べて7,400ポンド(約100万円)高い。ただし、これはあくまでも標準仕様の場合で、オプションを付ければ大きく変わってくる。

ポールスター2は、容量78kWhのバッテリーパックと車体の前後に設置されたモーター2基によって、最大出力408馬力を実現した。時速60マイル(同約97km)までの加速時間は4.7秒、最高速度は時速127マイル (約204km)となっている。つまりスピードも加速も十分なわけだが、EVでも速さを求めることができるのはすでに周知の事実である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ