PR

WIRED WIRED

Uberはユーザーデータを巡り当局と闘うために、水面下で“仲間”を集めている

 配車サービスや自転車シェアの利用者データの提供を巡り、ロサンジェルス市などの当局と対立しているUber。同社がデータ共有の技術標準に反対する団体の運営を水面下で支援していることが明らかになった。その存在を隠しながら仲間を集める行為には、批判の声も上がっている。

TEXT BY AARIAN MARSHALL

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

シェアキックスケーター企業に対するロサンジェルス市へのデータ提出の義務化が違法であるとして、Uberは同市を提訴した。ROBYN BECK/AFP/AFLO
シェアキックスケーター企業に対するロサンジェルス市へのデータ提出の義務化が違法であるとして、Uberは同市を提訴した。ROBYN BECK/AFP/AFLO

ライドシェアサービスの利用者に対する監視に反対する「Communities Against Rider Surveillance(CARS)」という団体が今年2月、エバン・グリアーに文書を送ってきた。

グリアーは、デジタル著作権やオンライン上の人権に関する非営利の擁護団体「Fight for the Future(FFTF)」の副代表を務めている。送られてきた文書は、FFTFがCARSに加盟する考えがあるかどうか、新しく結成されたこの連合体の一員として名を連ねても構わないか確認を求めるものだった。

「CARSは、『Mobility Data Specification(MDS)』という危険な技術に対する問題意識の向上に取り組んでいる、新しい連合体です」と、CARSのアウトリーチディレクターであるリッチ・ダンからのメールには書かれていた。「MDSが収集したデータが悪用されると、プライバシーと安全性が重大な危険に晒されることになります」

MDSとは、ロサンジェルス市交通局が策定した技術標準で、現在は第三者組織が管理している。ロサンジェルス市を含む20以上の都市では、シェア自転車やシェアキックスケーターの移動の追跡にMDSを使用している。

こうした都市でライドシェアサービスを運営する企業は、自転車やキックスケーターの移動状況に関するほぼリアルタイムの匿名かされたデータを、市に日次で提出しなければならない。市当局者は、シェアサービスの運営企業に情報を送る際にもMDSを利用する。水道の本管が破裂している街区に自転車やキックスケーターを走らせないよう指示する場合などがそうだ。

FFTFのグリアーは、MDSに不安を抱いている。データが法執行機関などの行政機関によって侵害されかねないと、心配しているのだ。そこでFFTFはCARSを支援すべく、5月に同組織に加盟した。

隠されていたUberの関与

ちなみに、CARSのメールに書かれていなかったことがひとつある。それはCARSの主な支援者がUberであることだ。Uberはロサンジェルス市などの都市とMDSの使用を巡って係争中なのであるで、CARSのウェブサイトで同組織の連携メンバーのリストに記載されている。

世界の都市の首長らに持続可能な都市開発などを提言するプラットフォーム「Cities Today」に3月に掲載された記事によると、UberはCARSの設立に貢献してきたのだという。その記事には、UberがMDSに懸念を示している旨の同社幹部の発言も掲載されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ