PR

WIRED WIRED

グローバルな通信規格を目指した5Gは、いまや世界を“分断”している

 次世代通信規格の5Gは、本来ならグローバルな通信規格として世界を結ぶはずだった。ところが、米国と中国との主導権争いと貿易摩擦の影響で、世界は欧米規格と中国規格とで分断の道を歩もうとしている。

TEXT BY WILL KNIGHT

TRANSLATION BY YUMI MURAMATSU

WIRED(US)

次世代ワイヤレス通信技術「5G」は、現行の家庭用ブロードバンド接続よりも約50倍高速に通信できるように設計されている。SEAN GALLUP/GETTY IMAGES
次世代ワイヤレス通信技術「5G」は、現行の家庭用ブロードバンド接続よりも約50倍高速に通信できるように設計されている。SEAN GALLUP/GETTY IMAGES

これまで世界は、5G通信網の構築に向けて手を取り合っていた。ところがいま、この次世代ワイヤレス通信技術は世界に分断を引き起こしている。

5Gの通信規格の最新バージョンには、自律走行車やインテリジェントファクトリー、IoTデバイスを高速な5Gネットワークに接続するための機能が盛り込まれる。こうした青写真は、欧州や米国、アジア各国の十数社が技術開発に貢献するグローバルな取り組みを反映してきた。

それでもなお、5Gは国々を分断している。米国と中国が主導権争いをしているのだ。米中間の貿易摩擦、人権問題、新型コロナウイルス感染症への対応、そして中国による誤情報の拡散などにより、5Gの導入における国際的な分断に拍車がかかっている。欧米の規格を採用する国と、中国の規格を採用する国がどちらも増加しているのだ。

「国家の安全保障と商業上の利益はすべて絡み合っており、それらを切り離すのは非常に難しいことです」と、シンクタンク「テクノロジー・ポリシー・インスティテュート」会長のスコット・ウォルステンは語る。

5Gの技術開発のプロセスや現在の導入状況は、欧米諸国における進行中の問題を表している。健全な競争やコラボレーションと、国家の利益や中国の台頭との均衡をどのように保つかという問題だ。

5Gを巡る分断

5Gを巡る論争の中心には、ファーウェイ(華為技術)がいる。まず間違いなく中国で最も重要なテック企業で、ネットワーク機器において支配的な地位を占めている。大規模なスマートフォン事業を展開し、ますます洗練されつつあるチップを製造している企業だ。

ファーウェイは技術を盗んだとして、また中国政府と密接な関係があるとして非難されている。この関係は中国政府によるサイバースパイ行為を可能にする恐れがあり、革新と不正手段を通して技術を支配するという中国の野望のシンボルになっている。

米国およびオーストラリア、ニュージーランド、日本、台湾といった米国の同盟国・地域は、ファーウェイとZTE(中興通訊)など中国の通信会社の通信機器を排除する動きを強めている。一方ほかの国々は、この排除の動きには二の足を踏んでいる。アルゼンチン、ブラジル、ロシア、フィリピン、タイは中国の5G技術を歓迎している。

もともとはオープンでグローバルな規格になる予定だった5Gに、こうした分断がどのような影響を及ぼすのかは重要な問いだ。「インターネットとさまざまなネットワークが互いに接続する方法が、さらに細分化されるというリスクがあります」と、ウォルステンは指摘する。たとえ5Gが真のグローバル通信規格になるはずだったとしても、技術計画は変化を続ける国際的な力関係と、それに起因する緊張を反映したものになってしまう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ