PR

WIRED WIRED

NASAの次世代宇宙服は、AIの力を借りて設計されている

 米航空宇宙局(NASA)が、約40年ぶりに大幅なアップデートを加えた次世代宇宙服を発表した。2024年の有人月面着陸でも使われる予定のこの宇宙服は、部品の一部が人工知能(AI)によって設計されているという。その理由とは?

TEXT BY DANIEL OBERHAUS

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY JOEL KOWSKY/NASA
PHOTOGRAPH BY JOEL KOWSKY/NASA

月面に有人基地の建設を計画している米航空宇宙局(NASA)は、その第一歩として2024年までに再び月に宇宙飛行士を送ろうとしている。そのときに宇宙飛行士が着る宇宙服は、2019年10月に発表された次世代型の宇宙服になる。

「xEMU」の略称で呼ばれるこの船外活動ユニットは、NASAが約40年ぶりに大幅な改善を加えたものだ。砂塵の舞う月面で長時間の任務にあたる宇宙飛行士たちが活動しやすいようデザインされている。

例えば、かがんだり手足を思い切り伸ばしたりといった、これまでできなかった動作が可能になり、着脱もしやすくなった。また、より体にフィットするよう部品を交換したり、数カ月ずっと修理せず着用し続けることもできるという。

だが新型宇宙服のお披露目では、最大の改善点が明らかにされていなかった。xEMUの背部にあり表からは見えないポータブルタイプの生命維持装置のなかに、最も重要な改良が施されていたのである。

この改良によって、かさばる布のかたまりだった宇宙服は、ひとり乗りの宇宙探査機に変身した。新しい生命維持装置が宇宙服への電力供給や通信、酸素供給、温度管理といった作業を一手に引き受けてくれるので、飛行士たちは尿からつくったコンクリートでロケットの発射台を建築するといった重要な任務に専念できる。

さらに史上初めて、生命維持装置に使われる部品の一部を人工知能(AI)に設計させることも試みるのだという。

理想の部品をAIで設計

ジェシー・クラフトは、ダラスを本拠地とする大手エンジニアリング会社のJacobsのシニア・デザインエンジニアだ。同社はNASAから指名され、xEMUの生命維持装置の改良を請け負っている。クラフトら数百名のエンジニアが携わるこのプロジェクトでは、いずれも甲乙つけ難いほど重要度が高いいくつもの業務を、バランスよく慎重に進めていくことが求められる。

言うまでもなく、生命維持システムは安全なものでなければならない。だが同時に、月面着陸船に載せるための重量制限をクリアする軽量さと、ロケット打ち上げの際に生じる猛烈な重力と振動に耐えうる強度も備えている必要がある。「エンジニアにとって非常に大きなチャレンジです」と、クラフトは言う。

狭いスペースに、いかに多くのものを詰め込むか考えるのは、最適解を探す複雑なパズルのようなものだ。航空宇宙工学の技術者たちは、常にこの難問に取り組んでいる。

しかし、2024年までに月面着陸を叶えるというNASAの強気なスケジュールを敢行するには、クラフトらエンジニアたちが部品一つひとつの理想的な形状について何週間も話し合う時間の余裕はない。代わりにエンジニアたちはAIを搭載したソフトウェアを使い、これまでにない形状の部品を高速で設計させている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ