PR

WIRED WIRED

ヘッドセットなしでもVRミーティングに参加可能に:米スタートアップの新アプリの実力

 高価なヘッドセットがなくてもVRのミーティングに参加できるサービスを、スタートアップのSpatialが開発した。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が増えるなか、幅広い場面での利用が期待されている。

TEXT BY JULIAN CHOKKATTU

TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY SPATIAL
PHOTOGRAPH BY SPATIAL

つい先日、初対面の相手と握手したり、グーダッチしたりする機会があった。ろくに会話も交わさないまま、すべてはバーチャルで進んだのである。

そのときはブルックリンにある自宅の居間にいて、スウェットパンツにパーカーという格好だった。こぶしを合わせた相手はSpatialの事業開発と戦略を担当するバイスプレジデントで、6マイル(約9.6km)離れた自宅の部屋に立っていた。もちろん手の消毒は不要だ。

Spatialは、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)によって人々が集まれるようにしているスタートアップだ。この機能は、いまはもう使われていないVRアプリ「Facebook Spaces」に少し似ているが、応用範囲がはるかに広い。対応しているVRや複合現実(MR)のヘッドセットは、マイクロソフトの「HoloLens」や、Nrealの「NrealLight」、オキュラスの「Oculus Quest」など多種多様だ。

従来はこうした環境でミーティングに参加するには、全員がヘッドセットを使う必要があった。これに対してSpatialは、ヘッドセットが不要の仕組みを5月13日(米国時間)に発表した。PCやAndroid、iOSのウェブブラウザーから利用できる上、いまのところ完全無料で誰でも利用できる。

Spatialの創業者のひとりで最高経営責任者(CEO)のアナンド・アガラワラは、「新型コロナウイルスの影響で需要は大幅に伸びています。増加率は、およそ1,000パーセントにもなっています」と言う。彼がいるのは、山々に囲まれ日光がさんさんと降り注ぐ美しいバーチャルな部屋だ。「Zoomは、ほかの人とオフィスにいるような環境を代替するには適していません。これに対してVRのような技術なら、ある程度の臨場感や実際にそこにいるような感覚をつくり出せます」

 5月13日にリリースされたアプリ「Spatial」のアップデートにより、ヘッドセットを使っている参加者の3Dアバターが、ヘッドセットを使用していない参加者の2Dウェブカムのフィードとやり取りできるようになった。

共同作業に適したソリューション

まさにアガラワラの言う通りだろう。同僚たちとZoom越しに隔週で話すのは好きだが、誰かのバーチャルアバターの横(ソーシャル・ディスタンスの1.8mより近づける!)に立って相手がジェスチャーを交えながら話している様子を見れば、強いつながりを感じられるし、集中もできる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ