PR

WIRED WIRED

パンデミックの影響で「事務作業の自動化」が加速している

 パンデミックの影響で、「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」と呼ばれる自動化が加速している。コロナ禍でコストカットを求められている企業も、急な需要増で対応に追われる企業も、ソフトウェアロボットによる効率化に目を向け始めた。パンデミック後も残ると思われるこの傾向は、雇用のあり方にも影響を残すかもしれない。

TEXT BY WILL KNIGHT

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

ER PRODUCTIONS LIMITED/GETTY IMAGES
ER PRODUCTIONS LIMITED/GETTY IMAGES

武田薬品工業は2020年5月中旬、同社が開発中の新型コロナウイルス感染症の治療法について、米国内で臨床試験の参加者を募集し始めた。同社が開発しているのは、回復者の血液から採取した抗体を使った治療法である。

通常なら人々の情報を収集し、臨床試験に適切な候補者を判断し、書類を準備するまでに数週間はかかる。だが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、武田薬品工業は迅速かつシンプルな手段でプロセスをスピードアップした。ファイルを開く、入力項目を選択する、テキストをカットアンドペーストするといった記録作業に、ソフトウェアを活用したのだ。

この結果、数週間かかる書類作成が、たったの数日で完了した。

いずれは年460万時間の節約にも

こうした手法は、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)と呼ばれている。武田薬品工業は、新型コロナウイルスのパンデミックが始まる数カ月前から、UiPathという企業のソフトウェアを使ってこの方法を試し始めていた。

「わたしたちは、この方法に価値があることを証明してきました」と、武田薬品工業のデジタル・サービス部門トップで今回の取り組みを主導するカイル・カズンは言う。「新型コロナウイルスへの対応に際して、今回の施策によって創薬のスピードを速め、患者の参加も早められると判断したのです」

この成功で勢いづいた武田薬品工業は、RPAの利用法のグレードアップを図っている。今後同社は数千人のスタッフにトレーニングを実施し、それぞれが自分専用のソフトウェアロボットを構築して使用していく計画だ。22人の従業員によるテストが最近実施されたが、これは成功したという。

RPAの取り組みにより、年間460万時間の事務作業を自動化できると武田薬品工業は見込んでいる。これは大まかに言って、フルタイムの従業員約2,000人に匹敵する数字だ。

ただし、武田薬品工業はこの技術を、誰かに取って代わるものとは考えていない。目標はあくまで生産性を高めることであり、ソフトウェアロボットの導入が進むにつれて雇用は増えているのだと、カズンは説明する。

不景気は自動化を加速する

人工知能(AI)や機械学習を巡って派手な宣伝が繰り広げられているが、企業が事務作業を自動化する最も迅速かつ簡単な方法は、明らかに知的とは言えないシンプルなソフトウェアによる自動化だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ