PR

WIRED WIRED

クルマの鍵をデジタル化するアップルの「CarKey」は、将来のiPhoneが進む道を示している

 アップルがクルマの鍵をデジタル化し、iPhoneから利用できるシステム「CarKey」を発表した。今後はクルマに近づくだけで自動でロックが解除できるようになるCarKeyは、自動車以外の分野への応用も期待される。そこからは、iPhoneやApple Watchといった製品が目指す将来像も透けて見えてくる。

TEXT BY JEREMY WHITE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

IMAGE BY APPLE
IMAGE BY APPLE

アップルは、このほどオンライン開催された開発者会議「WWDC 2020」で、「iPhone 11」シリーズに搭載されている独自開発のチップ「U1」の新たな機能を明らかにした。超広帯域無線(UWB)と呼ばれる技術に対応したこのチップは、同社の言葉を借りれば「リビングルームほどの広さの空間で機能するGPS」であるという。だが、これは強化版のBluetoothであるとも言える。

このU1チップに関する新しい発表とは、U1チップを搭載したiPhoneが今後はクルマの“デジタルキー”として使えるようになることだった。近距離無線通信規格の一種であるNFCを利用した自動車の鍵は、これまでにもサムスンが独自のシステムを開発している。ただ、サムスンの場合はスマートフォンを取り出して画面をタップする必要があった。「CarKey」と呼ばれるアップルのシステムも同じようにNFCを利用してはいるが、将来的にはクルマに近づくだけで自動でロックが解除できるようになる。

BMWは近く販売を開始する「5シリーズ」の21年モデルにCarKeyを採用するが、ほかの自動車メーカーがこの動きに続くことは間違いない。アップルはこれを業界標準にすることを目指しており、自動車メーカー側もiPhoneと車載ユニットを連携する「CarPlay」と同じように大々的に宣伝するようになるだろう。

将来的には近づくだけでロック解除可能に

ただし、UWBを使ったシステムの実用化はしばらく先になる可能性が高い。アップルがCarKeyでNFCを採用したのは、モバイルデバイスと自動車の連携を推進する業界団体Car Connectivity Consortium(CCC)の標準規格である「Digital Key Release 2.0」に準拠する必要があるからだ。現行の規格はUWBに対応していないが、次世代となる「Digital Key Release 3.0」では、UWBとBluetoothの省エネ版であるBLE(Bluetooth Low Energy)に対応する。

将来的に利用可能になる予定のUWBを使ったシステムでは、クルマとペアリングされているiPhoneや「Apple Watch」を身に着けた状態でクルマに向かって歩いていくと、何もしなくても自動でロックが解除される。デバイスは最大50m離れた場所から検知可能で、顔認証技術「Face ID」やパスワードの入力は必要ないが、セキュリティのためにパスワード認証をオンにしておくこともできる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ