PR

WIRED WIRED

全米をつなぐ高速鉄道の建設は、パンデミック後の経済対策として実現するか

 新型コロナウイルスの影響による経済危機の対策として、全米に高速鉄道網を構築する案が浮上している。だが、カリフォルニア州での計画の遅れやコストの大幅増という“悪しき前例”があるためか、各方面の反応は鈍い。この野心的な経済対策は実現するのだろうか。

TEXT BY AARIAN MARSHALL

TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED(US)

カリフォルニア州の高速鉄道プロジェクトは当初の予算を数十億ドルも超えており、スケジュールも何年も遅れている。JIM WILSON/THE NEW YORK TIMES/REDUX/AFLO
カリフォルニア州の高速鉄道プロジェクトは当初の予算を数十億ドルも超えており、スケジュールも何年も遅れている。JIM WILSON/THE NEW YORK TIMES/REDUX/AFLO

米連邦議会の下院議員セス・モールトンの鉄道好きがあまりに度を超していると非難するなら、覚悟してほしい。マサチューセッツ州選出の民主党議員であるモールトンは、確かに一時はテキサス州の高速鉄道プロジェクトに取り組んでいた。いまになってようやく、起工式に向けて少しずつ前進し始めているプロジェクトだ。

そんな彼はいま、マサチューセッツ州ボストンで新しい鉄道トンネルの建設を強く要求している。そして通勤鉄道の強力な推進者でもある。

だが、もしモールトンに「なぜそこまで鉄道好きなのか」と尋ねたら、はっきりと訂正されることだろう。「個人的に鉄道が大好きというわけではないんです」と、モールトンは言う。「バランスがとれていて人々に選択肢をもたらす輸送システムが、わたしたちには必要なのです」

全米に高速鉄道網を構築する野心的な計画

モールトンは2020年5月12日、これらのプランを実行するための野心的な(かつ莫大な費用のかかる)計画を発表した。法案と関連文書において、米国政府が全米の高速鉄道網に5年間で2,050億ドル(約21兆8,900万円)を支出することを提案したのだ。この政府支出は各州や自治体、民間において同様の投資を促し、その額は2,430億ドル(約25兆9,500万円)に達するとモールトンは試算している。

この法案は、将来の投資の道筋をつくれるような全国的な鉄道ネットワークの統一されたビジョンを作成し、建設を加速させるための規制を整備するためのものだ。そして20年度の損失が7億ドル(約748億円)にもなると見積もられているアムトラックの代わりに、新たな鉄道網の運営を民間企業に促すことにもなる。

この法案ではモデルとして、フロリダ州で運営している鉄道路線の延長を計画しているVirgin Trains USAや、テキサス州で高速鉄道の建設を進めているTexas Central Railwayといった企業を挙げている。なお、Texas Central Railwayは、モールトンの以前の勤務先でもある。

環境負荷が少なく移動がラクに

コストの話はこれくらいにして、実現した場合のことを考えてみよう。例えば、テキサス州のダラスからヒューストンまで、クルマで3時間半もかけて移動せずに済む。イリノイ州シカゴからジョージア州アトランタまでの鉄道路線が完成すれば、天候による遅れが少なくなり、途中でインディアナ州インディアナポリスやテネシー州チャタヌーガにも停車する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ