PR

WIRED WIRED

「空飛ぶタクシー」が使う未来の充電ステーションでは、乗客も“充電”できるようになる

 さまざまな“空飛ぶタクシー”が開発されているなか、地上に設置する充電ステーションの開発が進められている。電動垂直離着陸(eVTOL)機やドローンなどが着陸して素早く充電可能で、乗員が泊まって休むこともできるこの施設。モジュール式で機能を追加できることから、さまざまな用途への活用が期待されている。

TEXT BY ERIC ADAMS

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

電動の“空飛ぶタクシー”が実用化されれば、着陸や充電のための場所も必要になる。PHOTOGRAPH BY ERIC ADAMS
電動の“空飛ぶタクシー”が実用化されれば、着陸や充電のための場所も必要になる。PHOTOGRAPH BY ERIC ADAMS

バーモント州にあるバーリントン国際空港の片隅につくられた施設は、屋根の上に着陸するヘリコプターの騒音さえなければ、絶好のお出かけスポットになったことだろう。

複数の貨物コンテナを連結して大幅に改造した建物には、木目の内装が美しいラウンジと、居心地のいい2部屋のベッドルームがある。正面のポーチからは、空軍州兵部隊のF-35戦闘機が滑走路を疾走する様子を眺めることも可能だ。こうした様子は、どことなく映画に出てくる悪者の隠れ家のような感じもする。

だが、このちょっよ変わった施設は悪党の巣窟でもなければ、飛行機を眺めるための豪華な観覧席でもない。電動垂直離着陸(eVTOL)機を開発するために3年前に創業したベータ・テクノロジーズ(Beta Technologies)が、将来の航空産業の鍵を握る要素としてつくったものなのだ。

それはつまり、パイロット不要のドローンから未来の“空飛ぶタクシー”まで、さまざまな電動航空機のための充電ステーションである。ベータ・テクノロジーズの創業者のカイル・クラークは、「飛行機のバッテリーを充電するだけでなく、乗員や乗客が“充電”できる宿泊施設でもあります。さらに、貨物や医療用品の中継基地としても機能するのです」と説明する。

あらゆるドローンやヘリの離着陸に対応

この充電ステーションは、電動の“空飛ぶタクシー”が利用される近未来において、高速かつ信頼できる充電設備が必要になるというビジョンに基づいて設計された。こうした充電設備については、業界に参入してきた企業のほとんどが、まだ十分には検討できていない。

電動の航空機に搭載されるような大型で高出力なバッテリーを充電する際には、電力網に対して電気自動車(EV)の場合より大きな負荷がかかる可能性がある。このことは、すでに電動航空機が充電ステーションから安定した電力供給を受ける上での課題となっている。

この充電ステーションの開発を、ベータ・テクノロジーズは2種類のプロトタイプ機の開発と並行して進めてきた。ひとつ目は「Ava」と名付けられた小型のティルトローター機。ふたつ目は、「Alia」と名付けられた根本的に異なるデザインの生産モデルだ。

この充電ステーションは、組み合わせによって機能が異なる。有人か完全自律飛行タイプのeVTOL機用の充電施設になるだけでなく、従来型のヘリコプターの離着陸場にもなる。現在の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のような危機で医療用品などの物資が必要になったとき、貨物の配送や非常用ドローンの運行に使う中継基地としても利用できる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ