PR

WIRED WIRED

人との距離が求められるいま、「ハグしたい」欲求には科学的な理由がある

 新型コロナウイルスの影響で始まった外出制限が緩和されたとしても、社会的な距離の確保は引き続き求められている。こうしたなか、「ハグすること」には重要な意味があるのだと専門家や研究者たちは言う。そのメカニズムと効用とは--。

TEXT BY SIRIN KALE

TRANSLATION BY KAORI SHIMADA/TRANNET

WIRED(UK)

人に触れられると人は気持ちが落ち着き、幸福を感じて、精神的に健康になれる。NICK DOLDING/GETTY IMAGES
人に触れられると人は気持ちが落ち着き、幸福を感じて、精神的に健康になれる。NICK DOLDING/GETTY IMAGES

ロンドンで企業のディレクターとして働いている31歳のアリス(仮名)は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)のルールに“違反”し続けてきた。「本当は教えたくないんですけど」と、アリスは声を潜めて言う。

いったいどんな違反なのだろうか。ひとり暮らしのアリスは週に一度、自宅の庭の端まで歩いていって親友のルーシー(仮名)と会う。アリスはそこで麻薬取引でもするように人目を忍びながら、ルーシーに抱き締めてもらうのだ。

ルーシーから離れるときは後ろ髪を引かれる思いなのだという。「(ハグしてもらうと)なんだか落ち着く気がするんです」と、アリスは打ち明ける。「大丈夫だよ、って言ってもらえている気がして」

ルーシーからのハグを除くと、アリスは3月15日以降は誰にも触れられていない。政府が英国全土のロックダウンを発表する1週間前から、自主的に自己隔離を続けてきたからだ。

「すごくつらいんだって気づきました」と、アリスは言う。「わたしはハグされるのが大好きで、それがないと寂しくなってしまう。家にずっといるようになって、しばらくしてからわかったんです」

アリスは人目を忍んでハグしてもらっていることに、後ろめたさを感じている。「このことは、ほかの友達には言えません」と、彼女は言う。「最近は人の言動を批判する人が多いですから、そういうことをしたらダメなのはわかってます。でも、様子を見に来てくれるルーシーにはとても感謝しているんです。おかげで元気をもらっています」

スキンシップを欲する生物学的な理由

アリスが感じているのは、「スキンハンガー」(肌の温もりへの飢え)という神経学的な現象だ。それが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で誰とも触れ合えなくなったことで、程度が重くなっている。

スキンハンガーが生じるメカニズムは、人が人との触れ合いを生物学的に必要としているからだ。新生児救急救命室(NICU)に入院中の赤ちゃんを親の裸の胸に乗せるのも、この必要を満たすためである。独房に入れられた囚人の多くが自由と同じくらい人との触れ合いを渇望するようになるのも、同じ理由という。

「肌に触れると皮膚の下にある圧力を感じる“センサー”が刺激され、脳内の迷走神経に信号が送られます」と、マイアミ大学タッチリサーチ研究所のティファニー・フィールドは説明する。「迷走神経が活性化すると神経がしずまり、心拍数と血圧が下がってリラックスしていることを示す脳波が出ます。コルチゾールなどのストレスホルモンの値も下がるのです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ