PR

WIRED WIRED

マイクロプラスティックは深い海底にも堆積し、生態系を“汚染”している:研究結果

 わたしたちの生活のなかから自然環境へと大量に流出して問題になっている、プラスティックの小片であるマイクロプラスティック。海底に堆積して“ホットスポット”を形成し、生態系を汚染していることが研究結果から明らかになった。食物連鎖によって大きな生物へと汚染が広がり、最終的に人間へと到達する可能性も指摘されている。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

JUAN CARLOS MUNOZ/GETTY IMAGES
JUAN CARLOS MUNOZ/GETTY IMAGES

地中海に浮かぶコルシカ島やサルデーニャ島の沖では、目に見えないほど小さな“脅威”が、あちこちで渦巻いている。その脅威とは、プラスティックの小片であるマイクロプラスティックだ。

いまでは海底の堆積物にまでマイクロプラスティックがあることは、科学の常識となっている。19年には南カリフォルニア沖で採取したサンプルにも含まれていた。

ところが、地中海におけるマイクロプラスティックの量は驚くべきものだった。4月30日に『サイエンス』誌に掲載された論文において、わずか5cm厚の海底堆積物の中に、1平方メートル当たり190万個ものマイクロプラスティックが含まれていたことが報告されたのだ。

研究チームは地域の海流や海底の地形も調べ、マイクロプラスティックが“ホットスポット”にどう堆積し、地中海の深いところで「太平洋ごみベルト」のようなものを生み出しているのかを示している。しかも、世界各地で同じことが起きている可能性があるという。

特に幼魚に重大な影響

マイクロプラスティックを運んでいるものと同じ海流は、豊かな生態系を支える酸素や栄養素も運んでいる。つまり、それらの生態系がマイクロプラスティックで汚染されているわけだ。

このため堆積物をろ過するような生物種にとっては、マイクロプラスティックそのものが有毒になる可能性がある。さらに悪いことに、マイクロプラスティックは海中を漂っている最中にウイルスや細菌、さらには毒素も蓄積することがわかっている。これは特に幼魚にとって、マイクロプラスティック粒子を餌と間違えることから問題になる。

マイクロプラスティックの摂取状況が個々の魚や子孫に影響を及ぼすかどうかについては、科学的な調査が始まったばかりだ。「この毒性は特定の生物種や個々の機能に影響を及ぼすようなものなのでしょうか? 次世代の集団で実際に問題を引き起こすのでしょうか?」と、ストラスクライド大学のマイクロプラスティック研究者ディオニー・アレン(今回の研究には加わっていない)は問いかける。「これは、まったく新しい検討課題です」

マイクロプラスティックは新しい研究分野であることから、サンプルの採取方法やプラスティック粒子の数え方はまだ確立されていない。例えば、ろ過フィルターで捉えられるプラスティックの大きさが変わってくることから、適切な目の細かさを決めなくてはならない。

そもそも「マイクロプラスティック」という言葉ですら、いまだに議論の対象になっている。米国の国立海洋大気庁は長さ5mm未満の粒子と定義しているが、今回の論文を執筆したヨーロッパの著者らは1mmという基準を採用している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ