PR

WIRED WIRED

マジックリープの“失敗”から、アップルがスマートグラスの開発において学ぶべきこと

 複合現実(MR)デバイスで知られるマジックリープの創業者が退任を表明し、同時に身売りも模索していることが明らかになった。こうした“失敗”と同じ轍を踏まないために、スマートグラスの開発が長らく噂されているアップルにとっても学ぶべきことがある。

TEXT BY SOPHIE CHARARA

WIRED(UK)

マジックリープがどこで失敗したのか、それをピンポイントで指摘することは簡単だ。失敗したのは見事なデモ映像でもないし、VFXスタジオ「Industrial Light & Magic(ILM)」やとWETAデジタルとのパートナーシップでもない。ましてや、ビヨンセが拡張現実(AR)の人魚を退屈に感じたという報道でもない。その失敗とは、のちに「Magic Leap One」となるヘッドセットを目の当たりにして、人々に“現実”が見え始めたことなのである。

マジックリープが法人向けや医療、防衛といった分野へと舵を切るなか、このスタートアップの風変わりな創業者であるロニー・アボビッツは、自らの退任を発表した。同社は買収に応じることを検討していると3月に発表し、新型コロナウイルスを理由に4月に従業員の一時解雇に踏み切っている。さらに、これまでに調達した26億ドル(約2,800億円)という驚異的な資金に加えて、3億5,000万ドル(約376億円)を調達した。退任の発表は、そのあとのことだった。

だが、将来的に公表されるであろう「Magic Leap Two」が業界にとってどんな可能性を秘めているとしても、それは2015年にマジックリープが約束した製品からはほど遠いはずだ。

技術優先の必然

マジックリープは、人間の眼の光の捉え方をデジタルで再現する「Digital Lightfield」と呼ぶ技術の実現ありきで開発を進める“過ち”を犯した。同じようなメガネ型のスマートグラスはアップルも開発していると長らく噂されているが、最近の様子では“Apple Glass”は逆のアプローチをとろうとしている様子である。

第一印象は一発勝負だ。ことウェアラブル技術に関して言えば、デザインこそ命運を握っていると言っても過言ではない。アップルが2015年に発売した初代「Apple Watch」や、16年12月の初代「AirPods」を見れば、アップルのインダストリアルデザインチームがエンジニアに勝ったことは明らかだろう。どちらの場合も最初のモデルは、同じカテゴリーに属するほかのどの製品よりも小さく、軽く、洗練されていて、言うなれば「象徴的」な製品だった。

「マジックリープは、技術がデザインより優先されると何が起きるのかを示す最新の事例です」と、Above Avalonのアップル担当アナリストのニール・サイバートはいう。「ウェアラブル端末で成功するには、デザインを重視する文化が欠かせません。それがマジックリープにはないのです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ