PR

WIRED WIRED

遠くから「電球を観察」するだけで盗聴が可能に:イスラエルの研究チームが実験に成功

 室内にある電球を遠くから“観察”するだけで音声を盗聴できる--。そんな方法をイスラエルの研究チームが公表した。電球の微妙な振動が引き起こす光の出力の変化を測定することで、会話の内容や音楽を認識できるほどクリアな音を傍受できるという。

TEXT BY ANDY GREENBERG

WIRED(US)

高度な盗聴技術は年々、着実に増加している。電話の盗聴、ハッキングされた携帯電話、壁の裏に設置された盗聴器、さらには建物の窓ガラスに当てたレーザーの反射光を音声に変換して建物内の会話を傍受するレーザー盗聴器さえある。そして新たに、外から見える場所にある室内の電球から音声を盗聴する方法が登場した。

イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学とワイツマン科学研究所の共同研究チームは、新しい長距離盗聴手法「Lamphone」を6月12日(米国時間)に発表した。研究チームによると、ノートPCと1,000ドル未満の機器(望遠鏡と400ドルの電子光学センサー)があれば、誰でも数十メートルほど離れた室内の音声をリアルタイムで盗聴できる。

必要なことは、室内に設置された電球のガラスの表面が、音声によって微妙に振動する様子を観察するだけである。電球の微妙な振動が引き起こす光の出力のわずかな変化を測定することで、会話の内容を聞き分けたり、音楽を認識したりできるほどクリアな音を傍受できるという。

研究者のヤロン・ピルティンとボリス・ザドフとともにこの技術を開発したネゲヴ・ベン=グリオン大学のセキュリティ研究者のベン・ナッシは、「室内のあらゆる音を取り出せます。何もハッキングする必要はないし、室内に何の機材も必要ありません」と説明する。ナッシはこの研究結果を、8月に開催されるセキュリティカンファレンス「Black Hat」で発表する予定だ。「必要なのは、ぶら下がっている電球を観察できる位置を確保することだけです」

25mの距離から窓越しの盗聴に成功

実験では、オフィスの電球から25m離れた場所に複数の望遠鏡を設置し、望遠鏡の接眼レンズにはThorlabs(ソーラボ)の電子光学センサー「PDA100A2」を取り付けた。次に、アナログ・デジタル変換器を利用して、PDA100A2で得た電気信号をデジタル情報に変換した。25m離れたオフィスで音楽と音声を再生すると、設置された盗聴システムで傍受した情報がノートPCに入力され、分析される仕組みだ。

そして、音に反応して発生した電球の小さな振動(わずか数百ミクロンの動き)が、それぞれの望遠鏡を通してセンサーが傍受した光の測定可能な変化として記録されていることを、研究チームは発見した。ソフトウェアで信号を処理して雑音を除去したあと、オフィス内で再生された音声を非常に忠実に再現できたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ