PR

WIRED WIRED

インフルエンサーの偽物を大量登録? TikTokそっくりな動画アプリ「Zynn」の“疑惑”

 いま米国のアプリストアでの急速に存在感を高めている、TikTokそっくりな動画アプリ「Zynn」。このアプリにはTikTokなどに投稿されたインフルエンサーたちの偽アカウントが開設され、コピーされた動画も勝手にアップされている。こうした動きの裏側を探ると、ある中国企業の存在が浮上してきた。

TEXT BY LOUISE MATSAKIS

WIRED(US)

「Zynn」という名の謎めいた新しい動画アプリが、米国のアプリストアで5月末にランキング1位に登場し始めた。InstagramやYouTubeといった、おなじみのアプリを抜いてのことだ。

Zynnは「TikTok」にそっくりなアプリで、ともに中国の大手テック企業のサービスである。最大の違いは、新たなユーザーを呼び込むために、動画を観たり友人を招待したりした米国やカナダのユーザーに、Zynnが少額の謝礼を支払っているという点だ。

そして、この手法はうまくいっている様子である。市場調査会社Sensor Towerによると、Zynnはすでに300万回以上ダウンロードされており、アップルの人気無料アプリとして6月第2週に第1位となった。

ところが6月9日の時点で、Zynnは「Google Play ストア」からダウンロードできなくなり、アプリの詳細ページへのリンクも無効の状態になっている。

アプリが削除された理由は定かではなく、グーグルからもいまのところコメントはない。アップルの広報担当者はZynnについて調査中であると説明しているが、この記事の公開時点ではそれ以上の情報はない。ZynnのものであるとされるTwitterやInstagramのアカウントには、アプリが削除されたことを認めるコメントが9日午後になって投稿され、同社は「グーグルと協議して、この問題を至急解決すべく行動している」と説明している。

コピーされた動画を勝手にアップ

一方でZynnには、大量のフォロワーがいるTikTokの有名人も含め、ほかのソーシャルメディアのクリエイターから窃取したと思われる動画が溢れている。チャーリー・ダミリオやアディソン・レイといった著名人が一例だ。

動画の多くは、「いたずら」などひとつのテーマを扱ったアカウントに集中している。特定のクリエイターのふりをして、見た目もそっくりなプロフィールで投稿されている動画もある。『WIRED』US版が話を聞いた4人のインフルエンサーは、もともとTikTokやInstagram、YouTubeに投稿した動画が同意なしに、自分たちが開設していないアカウントでZynnにアップロードされたと語っている。

「それは、ぼくがつくったものではないですね」と、TikTokで19万人近くのフォロワーがいるポーランド人ダンサーでモデルのマックス・マズレクは言う。彼の名前をかたったZynnのプロフィールを、『WIRED』US版が見せたときの反応である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ