PR

WIRED WIRED

民間航空機の減便が続くと、「ハリケーン予報」の精度が悪化する

 新型コロナウイルスのパンデミックによって、いまだに世界中で多くの民間航空機やクルーズ船などの運休が続いている。その重大な影響を受けているのが気象予報だ。極めて活発とされるハリケーンシーズンを迎えるなか、いま気象予報の世界は「予報精度の低下」という危機に直面しようとしている。

TEXT BY ERIC NIILER

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

ハリケーンのシーズンに入ってから3番目に発生した熱帯暴風雨が強い勢力を保ちながら米国の海岸に向かっていたとき、気象予報士はハリケーンの大きさや速度、進路の予測に役立つ重要なデータの不足に直面していた。通常なら航行中に気象情報を収集するクルーズ船や民間航空機のほとんどが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で運休しているからだ。このため気象学者は、大気の状態を直接観測する場合よりやや精度が低い気象衛星の情報に頼らざるをえない。

複数の定期船における新型コロナウイルスの感染発生を受け、米疾病管理予防センター(CDC)がクルーズ業界に「運航停止令」を発令した。そして米国内の多くの州が3月半ばにロックダウン(都市封鎖)を実施して以来、空の便も急激に減少している。米運輸保安庁(TSA)の統計によると、航空各社は数千便のフライトをキャンセルしている。

この結果、欧米の気象機関では民間機が収集している気象データが、80~90パーセント以上も減少している。そしてデータの減少が続くなか、6月初めから11月30日までに命名される熱帯暴風雨の数が15~20に及ぶと予測される「極めて活発な」ハリケーンシーズンを迎えたのである。

民間機が集めるデータの重要度

そして6月第1週、豪雨と時速60マイル(同約96km)の暴風を伴う熱帯暴風雨「クリストバル」が、メキシコのユカタン半島の西側を直撃した。米国立気象局(NWS)は6月5日には「クリストバル」が北上し、ルイジアナ州やテキサス州の沿岸に向かうと予想した。

航空機が収集する気象データの不足によって、熱帯暴風雨の影響の予測がより困難になるのではないかと懸念する気象学者もいる。

「大きなマイナス材料を抱えてハリケーンシーズンに向かいます」と、CNNで気象予報を担当する気象学者のアリソン・チンチャーは言う。「気象予報に関して、民間機による報告は衛星によるデータに次ぐ影響力があります。気象の専門家は一般の人々が考えるよりずっと民間機によるデータに頼っているのです」

気象学者は気象予報の際、複数の情報源を用いる。具体的には、上空で大気のサンプルを収集する気象観測気球、大気をスキャンして温度や湿度、風速を推定する周回軌道衛星、海底と係留索でつないであるタイプか海流に漂っているタイプのブイである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ