PR

WIRED WIRED

抗菌作用でウイルスに負けない? 英アパレルブランドがつくった銅繊維ジャケットのメカニズム

 抗菌作用をもつ銅の糸を織り込んだジャケットを、英国のアパレルブランド「Vollebak」が発売した。使われてる銅の量は、コート全体の約65パーセントに相当する計11km以上にもなるという。ウイルスに対する効果は賛否両論あるが、いったいどんな構造なのだろうか。

TEXT BY JEREMY WHITE

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY VOLLEBAK
PHOTOGRAPH BY VOLLEBAK

英国のアパレルブランドである「Vollebak」は、風変わりな衣服に精通している。例えば、グラフェンを使った世界初のジャケットのほか、藻が原料で12週間で生分解されるTシャツ、吸収した太陽光を蓄電して暗闇でクリプトナイトグリーンに発光するウインドブレーカーなどだ。それもVollebakの製品のほんの一部である。

そしていま、Vollebakは銅ならではの抗菌作用に注目している。Vollebakの新製品「Full Metal Jacket(フルメタルジャケット)」には、計11kmを超える長さの銅の糸が織り込まれている。これはコート全体の約65パーセントにもなる。

新型コロナウイルスの感染防止にも役立つ?

この895ポンド(約12万円)するジャケットは、スイスの革新的なテキスタイルメーカーとして知られるSchoeller(シェラー)が開発した3層構造の生地を採用している。

生地の第1層は、ラッカー加工を施した銅の糸にポリウレタンを絡めてある。この層に、シェラーが松ぼっくりからヒントを得て製作した防水性と通気性のある膜「c_change」を重ね合わせる。この膜は親水性も備えており、温度調節のために開閉する穴がある。金属の表面をもつ繊維と膜を接着したのち、耐摩耗ナイロンで裏打ちする。

Vollebakによると、この3層構造の生地によって、高性能でありながらデニムのように長もちする防水・防風のジャケットになる。そして、しわや色落ちによって、徐々に銅そのものの色がジャケットの表面に現れるという。

しかも、この銅のジャケットに新型コロナウイルスが付着したとしても、なんとウイルスを死滅させる効果もあるらしい。ここで肝心なのは「らしい」ということだ。実はVollebakの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のスティーヴ・ティッドボールには、このジャケットが新型コロナウイルスの感染防止に本当に役立つのかどうか、わからないのである。

「わたしたちはまったくテストしていないのです」と、ティッドボールは言う。「ただの一度もです。大きな研究室をもっているわけでも、科学者のチームを抱えているわけでもありません。新型コロナウイルスも入手していません。ですから、銅のジャケットに新型コロナウイルスをスプレーすることも、スプレーしたらどうなるか確認することもできません。今回わたしたちが優先したのは、銅で市販可能なものをつくろうということでした。銅には病気に強い性質があるとわかっているからです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ