PR

WIRED WIRED

スポーツが無観客試合になると、選手や審判の心理にここまで影響する

 今年の夏にドイツと米国でサッカーリーグが開幕するとき、そこに観客はいない。無観客になることでホームチームのアドバンテージや、さらには選手を突き動かす感情も失われるかもしれない。

TEXT BY ERIC NIILER

TRANSLATION BY YUMI MURAMATSU

WIRED(US)

DITTO/GETTY IMAGES
DITTO/GETTY IMAGES

米国の一部地域のヘアサロンやコーヒーショップと同じように、プロスポーツリーグの一部で再開の動きが見られている。とはいえ、予期しなかった変化も生じている。無観客試合が実施されるのだ。

ドイツのサッカーリーグ「ブンデスリーガ」では、5月16日から無観客で試合が開催されている。米国のメジャーリーグサッカーはこのほど、6月に全26チームをフロリダ州オーランドに移転させ、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」にあるESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスで試合を開催する計画を明らかにした。試合は無観客で行われ、テレビ放映される予定だ。

ドイツのブンデスリーガでは16日の開幕に向けた準備として、各チームに新型コロナウイルス感染症の集中的な検査が実施され、感染予防措置としてハイタッチ、円陣、ゴール後のパフォーマンスが禁止された。しかし、選手たちは普段と同じように身体をぶつけあってボールを取り合うのだろうか? 審判はいつものように選手のプレイを近くで確認し、ルール違反をした選手に口頭で注意するのだろうか?

「初めての状況で、関与する全員にとってまったく新しいものです」と、ドイツのケルンを中心に活動するジャーナリストのアレックス・フォイヤーヘルトは言う。彼は審判員トレーナーとコーチも務め、ポッドキャスト「Rules of the Game」を配信している。「選手と審判がともに不安を抱き、心理的に抑圧されていると感じるでしょうね。無観客だからという理由だけでなく、衛生的な規制も原因になっているのです。おそらく全員がさらなる制約を受けることになるでしょう」

過去の無観客試合から見えてきたこと

これまでプロスポーツの試合が、シーズンを通してまったくの無観客で開催されたことはない。このためスポーツの研究者や、選手の心理状態がパフォーマンスにどのような影響を及ぼすかを研究する人たちにとって、今年の夏は興味深いものになる。

過去に無観客で試合が実施された数少ない事例では、審判から出されるペナルティの数が少なくなり、ホームチームのアドバンテージも少なくなったことが判明している。また研究者らは長年にわたり、バスケットボール、サッカー、野球におけるホームチームのアドバンテージを立証してきた。

こうした結果は主に、アウェイのチームが移動の疲れや不慣れなフィールドでのプレイ、異なるロッカールームの使用による不安への対応を求められることに起因する。また、ファンの歓声が審判に及ぼす影響に対処しなければならないことも一因だ。これに付随して、アウェイのチームはファウルが多くなる傾向がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ