PR

WIRED WIRED

ロボットが「感情知能」を身につける? 歩き方から人間の気分を“理解”する技術、米研究チームが開発

 人間の歩き方から「感情」を認識できる技術を、このほど米大学の研究チームが開発した。この技術を搭載したロボットは、推測した人間の感情に基づいて適切な距離をとって移動できるようになる。この技術が進化すれば、悲しんでいる人にロボットが助けの手を差し伸べるような時代が訪れるかもしれない。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

SEBASTIAN-JULIAN/GETTY IMAGES
SEBASTIAN-JULIAN/GETTY IMAGES

悲しくて、肩を落としてうなだれながら、とぼとぼ歩いている人。怒って周囲を警戒しながら、背筋を伸ばして急ぎ足の人。まわりから疎まれるほど幸せ一杯で、通りをスキップしていく人--。

どんな歩き方であれ、表情と組み合わせによって、その人にどのくらいのパーソナルスペースが必要なのかは言外に伝わってくる。そしてこのようなヒントを正確に読み取る能力は、社会的動物である人間には欠かせないスキルだ。

そして、これはロボットにも不可欠なスキルかもしれない。メリーランド大学の研究者が、このほど「ProxEmo」と呼ばれるアルゴリズムを開発した。ProxEmoを搭載した小さな車輪つきロボットは、リアルタイムで人間の歩き方を分析することで、その感情を推測できる。

ロボットは推測した感情に基づいて人間に与えるパーソナルスペースの広さを判断し、進行経路を決める。これはヒューマンロボットインタラクション(HRI)においては、ささいなことに思えるかもしれない。だが、将来的に機械が十分な発達を遂げれば、機械が歩き方からその人が悲しんでいることを読み取り、助けの手を差し伸べるようになることも考えられるだろう。

「悲しんでいたり、困っていたりする人がいたら、このロボットは近づいていって『今日は悲しそうですね、どうしました?』と尋ねることができます」と、メリーランド大学のロボット工学と人工知能(AI)の研究者で、ProxEmoの開発を支援したアニケット・ベラは言う。歩き方を解釈する能力は、ロボットとの交流を望んでいない人を避ける上でも役立つかもしれない。「悲しい人や幸せな人とは対照的に、怒っている人が歩いて向かってきたら、ロボットはその人と距離をとろうとするはずです」と、ベラは言う。

歩行者の動きを分析するアルゴリズムを使用

最初に注意しておくが、この感情知能(EQ)の高いロボットは、推測した感情に基づいて行動する。実際に人の心を読みとることはできない。

人間でさえ、その人が幸せか、悲しいか、または怒っているのか、見るだけで100パーセント確実に言い当てることはできない。しかし、社会的な動物としての人間は、歩き方からその人の感情を示す明確なヒントを読み取ることを学んできた。これは、すでに腹を立てている人を余計に怒らせないようにする上で役立つ能力だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ