PR

WIRED WIRED

残酷で不快なドキュメンタリー「タイガーキング」は、なぜ“コロナ禍”に苦しむ人々に支持されるのか?

 Netflixでヒット中のドキュメンタリーシリーズ「タイガーキング:ブリーダーは虎より強者?!」。これは残忍で不快な人間に焦点を当てた、嫌な気分にさせられるグロテスクな番組である。それがなぜ、新型コロナウイルスの影響で自宅待機している多くの人たちに受けいれられているのだろうか--。『WIRED』US版によるレビュー。

TEXT BY KATE KNIBBS

TRANSLATION BY AKARI NAKARAI/GALILEO

WIRED(US)

Netflixの「タイガーキング:ブリーダーは虎より強者?!」は、オクラホマ州のロードサイドで動物園を営むド派手な男、ジョー・エキゾチックを追ったドキュメンタリーだ。PHOTOGRAPH BY NETFLIX
Netflixの「タイガーキング:ブリーダーは虎より強者?!」は、オクラホマ州のロードサイドで動物園を営むド派手な男、ジョー・エキゾチックを追ったドキュメンタリーだ。PHOTOGRAPH BY NETFLIX

※映画やドラマのレヴュー記事にはネタバレにつながる描写が含まれていることがあります。十分にご注意ください

外出できず、家にこもってソファでNetflixを観るほかなくストレスを感じている人たちが山のようにいる現在、Netflixのドキュメンタリー「タイガーキング:ブリーダーは虎より強者?!」というミニシリーズが注目されている。

最近のTwitterでの話題といえば、もっぱら新型コロナウイルスの感染拡大だろう。ところが、人々の関心がポップカルチャーに移るやいなや、この7エピソードからなるドキュメンタリーと強烈な個性を放つ登場人物たちが話題になった。

ネットでの評判から、“エグい”というよりは“滑稽な感じ”ではないかと、だまされてはいけない。これは本当に残忍で不快な、だが一気に観てしまう作品だ。

奇妙な登場人物のオンパレード

話題になっているのは知っているが、どんな話か知らないという人たちのために、ストーリーを紹介しよう。「タイガーキング」は、オクラホマ州のロードサイドで動物園を営むド派手な男「ジョー・エキゾチック」ことジョセフ・シュライフォーゲルが、殺人依頼を企てたとして連邦刑務所に収監されるまでを追ったドキュメンタリーだ。

監督のエリック・グッドとレベッカ・チャイクリンは、もともと毒蛇の売買についてドキュメンタリーを制作するつもりだったというが、ジョーに出会ってテーマを変えた。とにかくよくしゃべり、自分で自分を神話化しているがその自覚はなく、カメラ映えする嘆願するような眼差しをもち、私生活も仕事もカオスと化しているジョーは、ドキュメンタリー作家にとって夢のような存在だったのだ。

スパンコールとネオンカラーにまみれたリサ・フランク風味の装いを好むジョーだが、その境遇はむしろ、20世紀前半の小説家フラナリー・オコナーの世界である。米国南部のちょっと異様な人たちがオンパレードで登場するのだが、ジョーはそんな連中を、はみ出し者の仲間たちとして受け入れている。

冒頭からすでに奇妙にゆがんでいるストーリーには、やたらと数の多い配偶者、謎の口パクのショー、州知事立候補などが絡んでくる。こうして、そこらの犯罪ドキュメンタリーでは到底かなわないほど奇妙さを増していくのだ。サブプロットでも、検索エンジン最適化の話が出てきたかと思えば、まったく別の動物園についての話もあるといった具合である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ