PR

WIRED WIRED

グーグルがトロントで夢見た「未来都市」の挫折が意味すること

 グーグルの親会社であるアルファベット傘下のSidewalk Labsが、カナダのトロントで進めてきた「未来都市」のプロジェクトから撤退することが決まった。先進的なコンセプトで注目された一方で、住民たちから収集したデータの扱いなどが議論を呼んできた今回の計画。その挫折によって、スマートシティの実現までに解決すべき多くの課題が改めて浮き彫りになった。

TEXT BY AARIAN MARSHALL

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY SIDEWALK LABS
PHOTOGRAPH BY SIDEWALK LABS

グーグルの親会社アルファベット傘下のSidewalk Labs(サイドウォーク・ラボ)が、トロントのウォーターフロント地区の一部を再開発するプロジェクトに5,000万ドル規模を投じると発表した2017年。その計画は、あまりにできすぎた話であるように思えた。

もとは工業用地だった12エーカー(約48,560平方メートル)の街に木造の高層ビル群を建築し、そこで生活と仕事ができるようになる--。遠くない時期にそうなると、サイドウォーク・ラボはトロントの住民に約束したのだ。

建物に使う木材は、低価格でよりサステナブルな建築資材を利用する。新しいタイプの光る敷石で舗装された街路は、瞬時にデザインを変えられる。家族連れで歩き回れる街は、時間帯などによって自律走行車のための道路に切り替えられるのだ。

ごみは地下のダストシュートを通って捨てられ、歩道には発熱の機能がある。数千世帯が暮らすことになるアパートメントのうち40パーセントは、低所得者と中所得者に優先的に割り当てられる予定だった。そして都市生活を最適化するために、サイドウォーク・ラボが街中でデータを集めるはずだった。

これらの夢は、すべて5月7日(米国時間)に終わりを告げた。サイドウォーク・ラボの最高経営責任者(CEO)のダン・ドクトロフが、同社が開発への参画をとりやめることを発表したのだ。元ニューヨーク副市長のドクトロフは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を原因のひとつに挙げて、Mediumへの投稿に次のように書いている。

「経済的に不安定な状態が過去に例のない規模で世界中で起きており、トロントの不動産市場も例外ではありません。このため計画の中核的な部分を犠牲にせずにプロジェクトの収益性を確保することが、非常に困難になっています」

何度も遅延を繰り返した理由

だが実際のところ、サイドウォーク・ラボのビジョンはパンデミックが発生するずっと前からトラブル続きだった。プロジェクトが始まった当初から、アルファベットがどのようにデータを集めて保護するのか、誰がそのデータを保有するのかを懸念する進歩的な活動家の批判に晒されてきたのだ。

これに対して地元オンタリオ州の首相で保守派のダグ・フォードは、納税者がプロジェクトの予算に見合った恩恵を受けられるのか疑問に感じていた。ニューヨークに本社を置くサイドウォーク・ラボは、プロジェクトの知的財産の所有権や資金調達を巡り、現地のパートナーであるウォーターフロント地区の再開発当局を相手に交渉を続けていた。なかでも資金調達が最も重大な問題だった。

事業者側はトロント市の予測不可能な政治に当惑することもあったようだ。こうしてプロジェクトは何度も遅延を繰り返した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ