PR

WIRED WIRED

アップルの新型「Mac Pro」のデザインの“秘密”。そのルーツは20年前の名機にあった

 アップルの新型「Mac Pro」のデザインは“チーズおろし器”のようだとも言われているが、独特の構造の穴は決して単なる飾りではない。優れた放熱性をもつ通気口であると同時に、「Pro Display XDR」では強力なヒートシンクとしても機能するのだ。そのデザインのルーツは、20年前に発売された“名機”とも呼ばれる製品にあった。

TEXT BY JEREMY WHITE

TRANSLATION BY RYO OGATA/GALILEO

WIRED(UK)

IMAGE BY APPLE
IMAGE BY APPLE

アップルが2019年末に発表した「Mac Pro」の最新モデル。2013年の第2世代で試みたダース・ベイダーのような筒型のデザインをやめ、アップルは06年に発売した第1世代のメタルタワーの現代版に近いものをつくりあげた。

多くのアップル製品とは異なり、今回のMac Proは大幅にカスタマイズすることが推奨されている。ありがたいことに、内部にも自由にアクセスできるようになっている。なお、内部にアクセスできないことで有名なのは、13年のダース・ベイダー風のMac Proだった。アップグレードは不可能に近いことがわかっている。

どこまで自由かというと、iFixitによるリペアビリティのスコアは10点中9点だ。すべての部品をユーザーが交換できるという。

パワフルな新型Mac Proの特徴は、何よりもこのモジュール方式だ。ステンレス鋼のフレームの下に、インテルの最大28コアのXeonプロセッサー、最大300ワットの補助電力、最大1.5TBのRAMを搭載できる。ほかにも、キャスターなどの便利なオプションが用意されている。毎秒60億ピクセルを処理できるビデオカード「Apple Afterburner」を組み込めば、8K動画のマルチストリームを再生できる。

「連結された3次元の半球」の意味

こうしたカスタマイズ性の高さゆえに、値段はすぐに跳ね上がりかねない。本体価格は5,999ドル(日本では税別59万9,800円)からのスタートだが、オプション次第では50,000ドル(約537万円)を超える。さらに「Pro Display XDR」まで加えるとすれば、スタンド付きで6,998ドル(日本では税別70万6,600円)かかる。

すばらしいスペックだが、このMac Proのいちばん興味深い点はパワーではない。新しいMac Proとディスプレイには、普通ではありえない期間をかけて取り入れられた要素がある。それは通気口だ。

この立体的なラティス(格子)構造をした通気口の由来は、実は20年前のアップル製品にまでさかのぼれる。それは2000年に発売された「PowerMac G4 Cube」である。

Mac Proの通気口は、見た目の理由だけでこのようなデザインになっているわけではない。効率的な熱管理システムの一部なのだ。アップルが「連結された3次元の半球を組み合わせた」と説明するこのデザインは、空気の流れを最適化し、冷却性能を向上させる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ