PR

WIRED WIRED

プログラミング言語「Python」の人気が止まらない理由とは? 人気ランキングから見えてきたこと

 プログラミング言語「Python」の人気が高まっている。最新のプログラミング言語人気ランキングで2位タイへと順位を上げ、その万能性ゆえにJavaScriptに次ぐ人気言語になったのだ。一方で、ランキングでは次なる注目株が着々と順位を上げてきている。

TEXT BY KLINT FINLEY

TRANSLATION BY RYO OGATA/GALILEO

WIRED(US)

IMAGE BY ELENA LACEY
IMAGE BY ELENA LACEY

「Python(パイソン)」は、世界で最も人気のあるプログラミング言語のひとつだ。その人気はさらに高まっている。調査会社RedMonkが公開した最新のプログラミング言語人気ランキングで、Pythonは3位から2位タイへと順位が上がったのだ。

全回に引き続き1位だった「JavaScript」と、Pythonと2位を分け合った「Java」以外の言語がトップ2に入ったのは、RedMonkがランキングを開始した2012年以来、初めてのことになる。「Python 2」から「Python 3」への移行がときに険しい道だったことを考えると、この2位の重要性はさらに高まってくる(Python 2は19年に開発者がサポートを終了している)。

RedMonkの共同創業者スティーヴン・オグレーディは報告のなかで、RedMonkは通常は順位の小さな変化には大騒ぎしないと述べている。だが、プログラミング言語の上位は定評ある言語に占められており、上位に何らかの動きがあるのは稀なことだ。

JavaScriptは、ウェブブラウザー内でコードを実行する方法の1番手であることに加えて、モバイルアプリやデスクトップアプリの開発からドローンのプログラミングまで、さまざまな目的で利用が増えている。一方、JavaはAndroidアプリの標準言語であり、企業向けソフトウェア開発の要でもある。

多くの人がPythonに“改宗”

Pythonは、何の問題もなく成功し続けたわけではない。特に長きにわたるPython 2からPython 3への移行においては、開発者の離脱が起こる可能性があった。

Python 3は最初の公開が08年で、開発チームは当初はPython 2のサポートを15年に停止する計画だった。つまり、以降は公式プロジェクトによるバグ修正とセキュリティ更新は提供しないことになっていたのである。しかし、Python 3へのコード更新が間に合わない開発者が多いことが明らかになり、デッドラインは20年に延期された。

この間、モジラの「Rust」やグーグルの「Go」、ジェットブレインズの「Kotlin」といった新しいプログラミング言語に移ることにした開発者がいたかもしれない。また、新しいプログラマーが、より広く使われているJavaScriptを学習言語に選んだこともあっただろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ