PR

WIRED WIRED

かわいいベビーヨーダとは違って、映画版ソニックの初期デザインは不気味に見える? その科学的な理由

 スター・ウォーズのドラマシリーズ「マンダロリアン」に登場するベビーヨーダは、愛らしい見た目が多くの人を引きつけている。これとは逆の意味で話題になったのが、ゲームのキャラクターを実写化した『ソニック・ザ・ムービー』のソニックだ。初期のデザインが「怖い」と不評で、最終的にデザインをやり直すことになった。なぜ、こういった違いが起きるのだろうか?

TEXT BY ALLYSSIA ALLEYNE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

(C)DISNEY+/LUCAS FILM/EVERETT COLLECTION/AMANAIMAGES
(C)DISNEY+/LUCAS FILM/EVERETT COLLECTION/AMANAIMAGES

わたしたちは、かわいいことが正義である時代に生きている。ベビーヨーダから名探偵ピカチュウ、ミニオンズまで、愛くるしいキャラクターは視聴者を集め、ネットで人気になり、フランチャイズで大儲けできることが証明されているのだ。

ただ、かわいさを創造することは簡単ではなく、これに従えばいいというような基本原則は存在しない。どのキャラクターも単純そうに見えるが、左右の目の間の距離から頭と体の大きさの比率まで、緻密な計算に基づいてデザインされている。コンセプトアーティスト、アニメーター、視覚効果(VFX)チーム、人形遣いといった人たちが総力を結集した成果であり、ほんの少しでも間違うと結果は恐ろしいものになりかねない。

パラマウント・ピクチャーズは2019年4月に『ソニック・ザ・ムービー』の予告編をリリースしたとき、このことを思い知るはめになった。主人公であるソニックがあまりにも不気味だと、ファンに酷評されたのだ。特にガラス玉のような目、中途半端にリアルな口と歯、人間に近い体型が気持ち悪いという人が多く、パラマウントは映画の公開を遅らせ、ソニックのキャラクターを完全にデザインし直すという決断をせざるを得なかった。

キャラクターがかわいく見えるメカニズム

マーベル・スタジオでキャラクターのビジュアル開発を担当するアンソニー・フランシスコは、「(かわいいキャラクターをデザインすることは)シンプルに思えるかもしれませんが、そんなことはありません。いつも試行錯誤しています」と話す。

フランシスコは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)のベビー・グルートのコンセプトアートを手がけた人物だ。このときには、頭の大きさ、目鼻の位置、体の色や質感などさまざまな要素を少しずつ調整して、何回も組み合わせを試したという。ただし、まず最初に決めたのは目の大きさだ。

フランシスコは「かわいいものをつくりたいときは、必ず目から取りかかります。顔全体のうちどれだけの比率を占めるのか考えるのです。そこから始めて、あとは調整していきます」と説明する。ベビー・グロートをデザインしたときは、主にアニメやディズニーの昔のキャラクターを参考にしたが、いちばん役に立ったのは自分の子どもたちが本当に小さかったころの写真だという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ