PR

WIRED WIRED

日常生活でのマスクの着用は、新型コロナウイルス対策にどこまで有効なのか? いまも賛否両論の科学者たち

 人の多い市街でマスクをするよう人々に推奨する国が増えている。だが、一般人が日常生活でマスクを使用することの有効性は、さまざまな研究をもってしても一貫した答えが出ていない。ただひとつ言えるのは、使い方を誤れば大きなリスクになるという点だ。

TEXT BY NICOLE KOBIE

WIRED(UK)

GETTY IMAGES; WIRED UK
GETTY IMAGES; WIRED UK

ほんの数カ月前まで、英国の街でマスクを着用している人たちと言えば、アジア人観光客と、公害を心配するサイクリストだけだった。

ところが、そんな状況を新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が一変させた。店先にできた2m間隔の行列に目をやると、粒子状物質の吸入を防ぐ防じんマスクから、手づくりの色鮮やかなマスクまで、さまざまなマスクを身につけた人たちがいる。

国ごとに違うマスクへの見解

英国政府や英国公衆衛生庁(PHE)、そして多くの学者たちによると、マスクを着用する必要性はない。だが、オーストリアやチェコ共和国、スロベニア、日本など多くの国々は、人混みではマスクをするよう一般市民に指示・推奨している。

[編註:米疾病管理予防センター(CDC)は4月3日、COVID-19の症状が出ている人だけにマスクの着用を勧めるそれまでの方針を転換し、体調が悪くない市民にも「医療用ではない布マスク」の着用を推奨し始めた。また、世界保健機関(WHO)も4月頭にマスクの使用に関する指針を更新し、せきやくしゃみをしている場合は、他人にうつさないための着用を推奨するという新たな見解を示した。一方で、一般向けのマスクを着けても自分の感染を予防できる根拠はないと、改めて指摘している]

「国同士に見解の食い違いがあり、それが人々を混乱させていると思います」と、オックスフォード大学のオックスフォード・ワクチングループの研究者であるエレイン・シュオ・フェンは言う。医学誌『ランセット』に意見記事を寄稿したフェンは、今回のパンデミック(世界的大流行)においてマスクを合理的に使うことを呼びかけている。

いまこそ専門家の話に耳を傾けたいときだが、マスクに関して専門家の意見は必ずしも一致していない。『ランセット』の寄稿者らは、WHOが最初に示していた指針について、病院のスタッフにはマスクの使用を勧告しながら、それ以外の人々には勧告しないなどの矛盾点があることを指摘している。看護師に対して効果があるなら、それ以外の人々にも当然役に立つのではないだろうか?

研究不足が問題の一端だが、その前にひとつだけ明らかな点がある。それは、マスクが社会距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)や入念な手洗いといった対策の代わりにはならないということだ。自国の公衆衛生専門家のマスクに関する見解がどうであれ、マスクはこれらの措置の補助手段として使用すべきである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ