PR

WIRED WIRED

EV版「ミニ」はとにかく運転が楽しく、コストパフォーマンスにも優れていた:試乗レビュー

 BMWにとって電気自動車(EV)の代表モデルとして欧州を皮切りに発売が始まった「ミニ クーパーSE」。改めて試乗してみたところ、ガソリン版ミニの楽しさをすべて詰め込んだ完璧に近いモデルだった--。『WIRED』UK版による試乗レヴュー。

TEXT BY JEREMY WHITE

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

EV版ミニの「ミニ クーパーSE」。英国では「ミニ エレクトリック」の名称で発売され、価格は24,400ポンド(約330万円)から。PHOTOGRAPH BY MINI
EV版ミニの「ミニ クーパーSE」。英国では「ミニ エレクトリック」の名称で発売され、価格は24,400ポンド(約330万円)から。PHOTOGRAPH BY MINI

電気自動車(EV)の購入を考えている人にとって、今年は面白い1年になりそうだ。主要メーカーの多くが話題の新モデルの投入を予定しており、ついにEVにおいても豊富な選択肢を前に悩むという贅沢ができるようになる。

こうした状況で、BMWが今年のなるべく早い段階で「ミニ クーパーSE(英国では「ミニ エレクトリック」)」の販売を始めた気持ちはよくわかる。このクルマは「BMW i3」に代わってBMWのEVを代表するモデルになることから、この意味でも市場投入は重要な動きだ。

ミニ クーパーSEの価格は24,400ポンド(約330万円)からで、i3と比べて大幅に安い。それに、ミニという世界的にも有名なブランドから出るEVには、誰もが関心を抱いているようだ。これまでにさまざまなEVのレヴューを掲載してきたが、なかでもミニ クーパーSEは最も問い合わせなどが多かった。

購入を検討している人にとって朗報がある。このクルマの簡単なレヴューを済ませたあと、改めてじっくり時間をかけて試乗してみたのだが、ほぼすべての点において素晴らしいモデルであるとの結論に達した。

見た目は馴染みのあるミニ

かつてオリジナルのミニをブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が手がけた背景には、1956年に始まった第2次中東戦争による石油価格の高騰があった。当時、燃費のいいクルマへの需要が高まったのだ。そしてEVへのシフトが進むいま、ミニが再び生まれ変わるのは自然な流れだろう。

BMWはEV版ミニの開発において、未来的な外観にするためにデザインをいじったり、ミニ特有の魔法を台なしにするような無粋なことはしなかった。もちろん細かな違いはいくつかある。エンジンを冷やすためのラジエーターに空気を取り込むフロントグリルが閉じたデザインになったほか、ドアミラーなど各所に差し色として黄色が使われている。ただ、見た目は馴染みのある既存のミニとほとんど同じだ。

これはEV版がエンジン版と同じアーキテクチャーを採用しているからだが、マイナス面もある。BMW i3はゼロから設計されたプラットフォームや軽量化された素材などの魅力を備えていたが、これに対してミニ クーパーSEにはこうした利点はない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ