PR

WIRED WIRED

「プレイステーション5」のコントローラーから、ソニーの次世代機の「新しい7つの要素」が見えてきた

 ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション 5」(PS5)のコントローラーが、このほど公開された。「DualSense」という名の新しいコントローラーからは、次世代機の機能などに関する「新しい7つの要素」が浮き彫りになってくる。

TEXT BY MATT KAMEN

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT
PHOTOGRAPH BY SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続くなか、ソニーは少なくとも2020年中に「プレイステーション 5(PlayStation 5、PS5)」を発売する方向で動いているとみられている。競合のマイクロソフトが次世代ゲーム機「Xbox Series X」の後方互換機能の詳細やデザイン、さらには詳細なスペックに至るまでさまざまな情報を公開する一方で、ソニーは手の内をあまり明かしてこなかった。

だが、ここに来てようやくPS5の詳細が明らかになってきた。3月に主要なスペックを明らかにしているが、それに続いて今度はPS5用コントローラー「DualSense」が公開されたのだ。

ソニーは4月8日、シニアバイスプレジデント(プラットフォームプランニング&マネジメント統括責任者)の西野秀明によるブログ記事を公開し、DualSenseの詳細を明らかにした。DualSenseは少なくとも見た目という観点から言えば、初代プレイステーションの時代に登場したコントローラー「DUALSHOCK」以来ずっとスタンダードとなってきたデザインから、最も大きな変化を遂げたものになっている。

その上でDualSenseの情報をひも解いていくと、PS5自体に関する5つの重要な要素も見えてくる。

1)おそらくカメラは搭載しない

PS2用の「EyeToy(アイトーイ)」以来、これまでのプレイステーションにはカメラ機能を搭載した周辺機器が存在してきた。世代を追うごとに技術は進化し、よりよいかたちで現実世界のモーショントラッキングをゲームに落とし込むことが可能になってきている。

PS3とPS4では、カメラによるトラッキングの大半は光センサーによって行われてきた。モーションコントローラー「PlayStation Move」やPS4用コントローラー「DUALSHOCK 4」、そして「PlayStation VR(PS VR)」のヘッドセットに至るまで、テレビ画面に向けて光を発するライトが付いている理由はそこにある。

DualSenseにも「DUALSHOCK 4」と同じくライトバーが内蔵されているが、位置や機能は大幅に変更されている。DualSenseではタッチパッドの下部にライトバーが配置されており(これについては後述する)、バックライトとしての位置づけが強まっているように見える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ