PR

WIRED WIRED

北極圏の氷や凍土が溶けて「緑化」が進めば、この地の温暖化はさらに加速する

 ほかの地域の2倍の速さで温暖化が進む北極。気候が暖かくなるにつれ、この地では緑化が進んでいることが衛星データやドローンによる現地調査からわかっている。ほかの場所では歓迎される植物だが、北極では生い茂る緑がさらなる温暖化につながる可能性があるという。

TEXT BY MATT SIMON

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY JEFF KERBY/NATIONAL GEOGRAPHIC SOCIETY
PHOTOGRAPH BY JEFF KERBY/NATIONAL GEOGRAPHIC SOCIETY

北極では、いま温暖化が地球のほかの場所の2倍の速さで進み、その風景に劇的な変化をもたらしている。

永久凍土の急速な融解で地表には穴が空き、乾燥した泥炭は前例のない山火事によって燃焼している。フロリダのように温暖な気候で生じることが多い落雷も、いまでは北極点の周囲100マイル(約161km)以内で観測されているのだ。こうした状況を受けて研究者たちは、北極圏の植物種が温暖化した世界にどう対処しているかを定量化している。

結論をひと言で言うと、植物は温暖化に上手に対応していた。むしろ、うまく対応しすぎていると言ったほうがいいかもしれない。

実は緑が多い北極圏

生態学者や生物学者、地理学者、気候科学者など数十人の科学者からなるチームは、衛星データやドローン、フィールドワークを駆使した調査により、低木や芝、スゲといった植物が以前よりも繁殖していることを発見した。「北極圏の緑化(Arctic greening)」と呼ばれるこの現象は、北極圏と地球全体の両方の気候に、不思議で驚くべき連鎖反応の数々をもたらしている。

氷に覆われた地というイメージが強い北極だが、生物がいないわけではない。南極のように樹木がなく、顕微鏡を使わず確認できる生物も少ない地とは異なり、北極は生命に満ちており、特に植物が多い。

北極の芝や低木は、雪に覆われて日の光を浴びられない冬の環境にも見事に順応し、地下で根として生き延びている。雪解けの時期になると、北極の植物は生きのびて種を繁殖させるために必要なことすべてを行なう。与えられた1カ月ほどの時間のなかで種子をつくり、養分を吸収し、日光を浴びるのだ。

ドローンやティーバッグによる現地調査

世界中で温暖化が進んだこの数十年、人工衛星は北極圏が緑化していく様子をとらえてきた。とはいえ、その精度はさまざまだ。画像の解像度は人工衛星によって異なる。近ごろの最新式カメラであれば、10m×10mくらいだろう。

だが、この解像度をもってしても、生態学者が実際に北極に行かない限り、現地の植物群落の様相を正確に把握することはできない。第一に、冬の北極に日がまったく昇らないからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ