PR

WIRED WIRED

複雑な課題を解くカギは「耐える力」にある? ネガティヴ・ケイパビリティの技法を学ぶ

 事実や理由を拙速に求めず、不確実さや不思議さ、懐疑のなかにいられる能力--詩人ジョン・キーツが19世紀に発見したネガティブ・ケイパビリティなる概念は、こう定義される。地球規模の課題が前景化し、その解決に長期的思考が求められるなか、すぐに答えを見いだそうとしない態度は重要になっていくかもしれない。医療、教育、芸術の現場で「再発見」されつつあるネガティブ・ケイパビリティを、精神科医/作家の帚木蓬生が解題する。(雑誌『WIRED』日本版Vol.36から転載)

PHOTOGRAPH BY KOHEI KAWATANI

TEXT BY KOTARO OKADA

本企画のヴィジュアルは、写真家、川谷光平による作品。ネガティヴ・ケイパビリティというテーマに対し、「身近なモチーフを取り上げつつも、すぐには解釈できない “引っかかり”のある写真に仕上げた」。
本企画のヴィジュアルは、写真家、川谷光平による作品。ネガティヴ・ケイパビリティというテーマに対し、「身近なモチーフを取り上げつつも、すぐには解釈できない “引っかかり”のある写真に仕上げた」。

不確実さ、不思議さ、懐疑

ネガティブ・ケイパビリティとは、「事実や理由をせっかちに求めず、不確実さや不思議さ、懐疑のなかにいられる能力」あるいは「どうにも答えの出ない、どうにも対処しようのない事態に耐える能力」のことを指します。

わたしがこの概念と出合ったのは、精神科医になって6~7年目のころ。医師としての自信をなくしていた時期でした。研修を終え、大学外の病院に数年出た後に戻ると、治したと思って退院させた患者さんが再入院していたり、治らずにいた患者さんがまだ入院を続けていたり。精神医学にできることなんて、ほんのわずかではないかと失望と自信喪失の日々を過ごしていました。

そんなときに目に留まったのが『米国精神医学雑誌』に掲載された「Toward empathy: the uses of wonder.(共感に向けて。不思議さの活用)」という論文です。そこにネガティブ・ケイパビリティという言葉が登場したんです。

まず、ケイパビリティ(能力)にネガティブという言葉がつくことに驚きました。わたしたちは能力と言われると、問題や課題を解決するものだと思いがちです。論文を読み進めていくと、先の見えない患者さんに寄り添い続ける必要がある精神医学の世界において「いつか治るだろう」と耐え続けるために必須の概念だということがわかってきました。

わたしにとって、この概念こそが救いだと思えたんです。論文の著者は、こう結論づけていました。この能力こそが対象の本質に深く迫る方法であり、相手を本当に思いやる共感に至る手立てだと。

約160年の時を経て再発見された概念

ネガティブ・ケイパビリティを最初に発見したのは、英国のロマン派を代表する詩人ジョン・キーツです。キーツは詩人というものについて、次のように語っています。

「詩人はあらゆる存在のなかで、最も非詩的である。というのも詩人はアイデンティティをもたないからだ。詩人は常にアイデンティティを求めながらも至らず、代わりに何かほかの物体を満たす。神の衝動の産物である太陽や月、海、男と女などは詩的であり、変えられない属性をもっている。ところが、詩人は何ももたない。アイデンティティがない。確かに、神のあらゆる創造物のなかで最も詩的ではない。自己というものがないのだ」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ